あまでうす日記

あなたのために毎日お届けする映画、本、音楽、短歌、俳句、狂歌、美術、ふぁっちょん、詩とエッセイの花束です。

フランシス・フォード・コッポラ監督の「カンバセーション 盗聴」をみて

2016-10-17 11:58:08 | Weblog


闇にまぎれて cyojin cine-archives vol.1092



夏目漱石は探偵と高利貸は下賤の仕事であると喝破したが、この映画に登場するジンーン・ハックマンがその手合いの心象を好演している。

最後に思いもかけぬドンデンガエシが待っていて、見る者をあっと言わせるが、それよりも金のために良心を糊塗して職業としての盗聴者を選んでいる男の孤独で空獏とした内面のとめどなき時間と空間のだだ流れが、すごくチャーミングに迫ってくる。

懐かしのジョン・カザール、若き日のハリソンフォードなども出ているがエリザベス・マックレイが妖艶ずら。


 のびのびと6本の手足を動かしてセクスしているゴマダラカミキリ  蝶人

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 邦画を3本 | トップ | 加藤典洋著「日の沈む国から... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。