藍色倶楽部

8か月ぶりに復活しました。なつかしの映画感想&ときどき日常を語る部員1名の倶楽部日誌。

「ガス燈」

2017年04月24日 | 映画鑑賞


ジョージ・キューカー監督の見事な恐怖心理描写! アカデミー主演女優賞、ゴールデングローブ女優賞をW受賞したイングリット・バーグマンの名演技に注目!

日本公開 1947年

igaiga的満足度 → ★★★★★


大好きです(〃ω〃)

元々ミステリーが好きなので、ミステリー映画となれば面白いに決まっているという文句なしの作品です。

心理的に妻を虐待する夫。
「君はいつも大切なものを失くす」と言いながら、実はそれが夫の作戦なのよねー。
なんでそういうことをするのかというと、今、引っ越してきた家に目的があってですねー。

まさかそういう事とは知らずに結婚したポーラは「自分はおかしくなってきているのか?」と
だんだんと精神的に壊れそうになる。

夫がいなく、1人の時にガス燈が消えそうになって変な怪しい物音が聞こえてくる。
夫がいるときはそういうことはない。

ってことで、ラストがよかったです。

本当に名作っていうのは何年後に見ても面白い。

まぁそういう名作を今ようやく見ているのですが、本当に面白いです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« こういうDVDで映画見てます | トップ | お花見 2017 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆうしゃケン)
2017-04-24 20:33:11
バーグマン、私の憧れ、女神様です。この世にこれほど綺麗な人がいるのかと思ったくらい。実際にはもう一人綺麗な人がいて、それが妻なのですけどね!
誰がために鐘が鳴る、感動したのは私が19歳の時。思えば青春まっただ中。あ~青春が恋しい!
 
>ゆうしゃケンさん。 (igaiga)
2017-04-25 08:20:20
ってことで、最近「今まで名前だけは聞いたことのある俳優」さんたちの顔を知ることができてます(笑)
昨日は「ゲーリー・クーパー」の映画を見ました。
昔は美男美女が多かったですねー。
今は皆さんお顔が華やかな気がします。

もちろんゆうしゃケンさんの奥様が美人なのは
知ってましたよー(*‘ω‘ *)

コメントを投稿