藍色倶楽部

8か月ぶりに復活しました。なつかしの映画感想&ときどき日常を語る部員1名の倶楽部日誌。

「地上最大のショウ」

2017年04月18日 | 映画鑑賞


スペクタクル映画の巨匠、セシル・B・デミル監督によるサーカス団を舞台にしたドラマ。
世界最大のサーカス団で繰り広げられる華やかなショーと共に、そこに集う人々が織り成す人間ドラマをドキュメンタリータッチで描く。
“ハッピー・ザ・ベスト!”。


igaiga的満足度 → ★★★★★

1953年日本公開。

これも超オススメです。

サーカスのシーンがまるでドキュメント!!!!
1953年のこの時代にアメリカにどんな技術があったかどうかわかりませんが、
サーカスシーンは本物???
ってくらい、ハラハラドキドキします。
とても華やかでサーカスを見に行っているかのよう。

そこの人間関係もまたユニークで楽しい。

ピエロが明らかに何か顔を出せない理由がありそうで。
サーカスってそういう人たちの集まりでもあったような・・・
しかし、このピエロは妙に知的だ・・・
と、いう謎を残しながら物語は進み・・・
そこにある人間関係や、予期せぬトラブル、ケガ、大けが・・・などなどが
ありながらも、最後のサーカスシーンがものすごく良かった。

これももう1度見たい(〃ω〃)


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「第十七捕虜収容所」 | トップ | 「シェーン」 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです。 (isam)
2017-04-18 17:00:37
 igaigaさんの書き込みは本のことが多いので、自分はほとんど新聞とか本も読まない人です。なので疎遠になりがちですが、今回は久しぶりですので、関係のないコメントですが、書いてます。
 よろしく。
>isamさん。 (igaiga)
2017-04-19 08:06:52
isamさんのブログにもお邪魔したのですが
何も書き残さずすみませんでしたm(__)m

今回は昔の映画の感想メインのブログに
なっております(笑)
やるたびに違うテーマになりますが、
たまに懐かしく思っていただけたらと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。