藍色倶楽部

8か月ぶりに復活しました。なつかしの映画感想&ときどき日常を語る部員1名の倶楽部日誌。

「シェーン」

2017年04月19日 | 映画鑑賞


1890年。初夏。ワイオミングの高原に1人の旅人が漂然とやってきた。
男は移住民の1人ジョー・スターレットの家で水をもらい、家族の好意で1晩泊めてもらうことになった。男は名をシェーンと名乗った。
妻マリアン、1人息子ジョーイと3人暮らしのジョーは、かねて利害の反する牧畜業者ライカーに悩まされていたので、冬まででも働いてくれないかとシェーンに頼んだ。
シェーンは、何か心に決めたことがあるらしく、町の酒場でライカーの手下から喧嘩を売られたときも、相手にならなかった。
図に乗ったライカー一味は、シェーンが再び酒場に現れたとき、また彼に絡み、今度は彼も応えて乱闘が始まり、
シェーンはジョーの応援を得て群がる相手を叩き伏せ、酒場を引き揚げた。怒ったライカーはシャイアンから人殺しの商売のウィルスンという男を呼び寄せ、
移住民の1人、短気なトリーがウィルスンのピストルの最初の犠牲となった。ライカーに農場の明け渡しを要求され、
農民一同のために命を捨てる決心をしたジョーは単身敵の酒場に乗り込もうとしたが…


日本公開 1953年

igaiga的満足度 → ★★☆☆☆

「シェーンッ! カムバーック!」という有名なセリフの映画です。はい。


たぶん、男性には評価されるんだろうなー。
私はこういう男性は好きではないので(笑)

「なに、一人でカッコつけてるんだ」と苦々しい思いで見てました(^^;)

でも、銃の腕前はカッコいいなー。
そこは惚れ惚れしたけど、子供にも教えるのかっ?
時代かもしれませんが、驚きました。

子役のジョーイが可愛いんだけど、あんなに近くまで潜伏してたら
今の映画だったらとっとと捕まって人質にされるよーー(汗)
と、焦りながら見ました。

スターレット夫妻の夫婦愛が見てて素敵でした。
この夫婦愛が癒しの元なのでやっぱりシェーンは邪魔者にしか見えないっていう・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「地上最大のショウ」 | トップ | 「オズの魔法使い」 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わぁぁぁ (玉茶丸)
2017-04-19 21:20:29
igaさん8か月ぶりにブログ更新してたんですね!私、時々のぞいてたんですが・・・
コメントいただいたときにすぐに来てみればもっと早くに気付いたんだけど~~いづれにしてもよかったよかった!(^^)!
映画の感想中心なんですね
私も毎日毎日同じ繰り返しの日々なんですが・・・うちは母がかなりボケボケになりました
父はよぼよぼ(汗)
介護問題がのしかかりますね!
うれしいです・・・igaさんブログ更新されて・・・
>玉茶丸さん。 (igaiga)
2017-04-20 09:22:25
こんにちはー。
ご無沙汰しておりました(〃ω〃)
今、仕事がやや暇なのでこうして遊んでおります(笑)
今回は(・・て ^^;)映画中心のブログに
していきますねー。
日常のことも何も書くことないんですよね。
実際のところ(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。