藍色倶楽部

8か月ぶりに復活しました。なつかしの映画感想&ときどき日常を語る部員1名の倶楽部日誌。

「オズの魔法使い」

2017年04月20日 | 映画鑑賞


愛犬トトを抱きしめたまま竜巻に巻き上げられたドロシーは、魔法の国へと迷い込んでしまう。"脳みそのない案山子"、
"ハートのないブリキのきこり"そして"勇気のないライオン"たちと繰り広げる、願いをかなえる不思議な冒険の旅。
アカデミー賞作曲・主題歌賞/特別賞を受賞した。


日本公開 1954年(アメリカ公開1939年!!)

igaiga的満足度→ ★★★★

オズの国はカラーなんですよね。
で、カンザスシーンはセピア色で・・・

1939年って調べたら昭和14年!
昭和14年にカラー映画!!

驚いた・・・

これってミュージカル映画でもあるようで、「虹の彼方に」っていう曲知ってました。
有名です。英語苦手なので歌えないのですが。

そして「オズの魔法使い」
アニメでもやってましたよねー。
子供のころ見てました。
映画では101分なのですが、アニメでは毎週毎週やってたので、
実際のところ「こんな短い物語だったのか」と驚きましたが(笑)

確かにファンタジーではあるんだけど懐かしくて可愛らしく、
案山子、ブリキ、ライオンがまた可愛いし、
これもまたもう1回見たくなりそう。



※ライオンが橋本大二郎さんに似ている(^^;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「シェーン」 | トップ | こういうDVDで映画見てます »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。