the Laughing Gnome

スポーツ・音楽・美術に関する話題。
庭園めぐりのような老人趣味についても。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「がんばれ!!タブチくん」チャンネルNECOにて一挙放送!

2005-03-15 | スポーツ/ベースボール
「習慣ベースボール」というサイトで知りました。

ウチこの局見れます。見なくては!!

NECO耳寄り情報より

「がんばれ!!タブチくん」劇場用アニメ3作一挙放送 02/02/25

2004年日本シリーズを制した西武ライオンズ。1978年、クラウンライター・ライオンズから新しく西武ライオンズに生まれ変わってから早26年。他チームから新生ライオンズを盛り立てようと集まってきた野村克也、田淵幸一たち。ライオンズはえぬきの東尾修などはいたものの、「寄せ集め球団」としか見えないのは否めなかった(漫画とアニメでおちょくられていた広岡達朗が監督となった1982年には日本一に輝いている)。
そこへ目をつけたのが漫画家いしいひさいち。元ミスター・タイガース田淵幸一を主人公にプロ野球界を風刺したギャグ漫画「がんばれ!!タブチくん」を生み出した。あれだけおちょくられたら並みの選手なら激怒するであろうが、そこは寛大な田淵幸一、「全然オッケー」。流石に人間がでかい(某缶コーヒーのCMでも人間のでかさがうかがえる)。
漫画の大ヒットを受け、西武ライオンズ誕生の翌年(1979年)劇場用アニメ第1作が公開された。タブチくんの声を担当した西田敏行の怪演(?)も相まってか、大ヒット。
所沢を全国的に有名にした「西武ライオンズ」と「がんばれ!!タブチくん」ではあるが、今年が西武ライオンズとして最後のシーズンになるかもしれない。その前に「西武ライオンズ創成期」を描いた、「がんばれ!!タブチくん」を観ておくべし。


・・・見ます。

広川太一郎氏によるコマーシャル収録風景(Media Playerで見られます)

・・・コレ必見です。

チャンネルNECO

滅多に見ない局ですが(笑)どうもありがとう!!

コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オープン戦:横浜ベイスター... | トップ | 鶴岡八幡宮の冬牡丹(2月末... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タブラン。 (一番星)
2005-03-15 17:07:39
タブラン=田淵のランニングホームラン。

転じて「不可能なこと」の例え…。



どうも!いいですねえ「タブチくん」!

見たいなあ~。



注目すべきは、ツツミオーナーっていうキャラ(笑)

声はスネオでお馴染みの肝付兼太。超適役!

みんな本音っぽいギャグ言ってて笑えます。



ノムさんがフクモトに盗塁記録作られるのがイヤだと言って、

試合前にベンツで逃亡するシーンとかがあったと思う…。

おもろいわ~(笑)



その当時・・ (ハムぞー)
2005-03-15 18:03:14
これ、見に行きました。

ビデオやDVDはあるのかしらん?
一番星さま (kawahara)
2005-03-15 18:24:13
>ツツミオーナー



私もそれが一番見たいのです(笑)



この漫画といい、「すすめ!パイレーツ」(江口寿史)といい、この時期の野球漫画はたまりません。ある意味、今の野球関連図書はマジメすぎるのかも!なんやら経済書や文化人類学みたいなのばっかで・・・。



ハムぞー所長様 (kawahara)
2005-03-15 18:26:04
どうやらビデオは絶版のようです。



http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-2230741-5289964



しかしこの時期(企画段階で「ツツミオーナー」の逮捕は確実だったでしょうから)に放送するとはこのCS局、スゴイですね。







おおお、見たい! (Honeywar)
2005-03-16 02:19:46
 おおお、見たい! でも現在、ウチのケーブルでは見られない....昔はチャンネルnecoも、確か入っていたはずなんだが....(T T)



> あれだけおちょくられたら並みの選手なら激怒するであろうが、そこは寛大な田淵幸一、「全然オッケー」。



 ってゆうか、あのマンガのお陰で、人気も倍増したと思うんですが。

 いしいひさいち氏のフィルターを通すと、ツツミオーナーでも誰でも、愛せるキャラクターになりますよね。



 数年前、朝日新聞をとっていた頃、いしいひさいち氏の4コマに「ワンマンマン」というキャラクターが出てきて。胸のところに「わ」と書いてある、要はナベツネ氏なんですが(笑)。ワンマンでトンチンカンで、でも憎めないキャラクターになっていたものです。



 それから、自慢じゃないですが、僕、広川太一郎さんのモノマネ、うまいですよ。(笑)
Honeywarさま (kawahara)
2005-03-16 21:53:31


>あのマンガのお陰



そうですね。野球に関心の無い層をも取り込んだでしょうしね・・・。





>朝日新聞



「ののちゃん」ですね。あれはなかなかシュールです。ツツミが校長、タブチは先生の一人になってますよね。ヒロオカは近所のヤブ?医者。個人的には夕刊のマンガのほうが好きです。



>広川太一郎さんのモノマネ



見たい(笑)







きょうろぐにトラックバック (kawahara)
2005-05-09 14:51:09
「おすすめ野球マンガ」のエントリーにTB



http://kyoukara.seesaa.net/article/2905859.html



映画は3作目が一番おもしろかった。

あわせて読む