ツバメ日記

登山と日々の出来事

伊吹山 1377m 舐めたらアカン、灼熱地獄!! 7月22日

2017-07-23 14:18:54 | 日記
暑い日々が続いています。

朝日連山徘徊を目論む身としては、暑苦しい東北の夏日に大鳥小屋から以東岳への

直登コースをジリジリと日差しに焼かれながら登る体力を培っておかないといけません。

最近、とみに感じるのが山登りにおいての体力低下、、、

とにかく、以前ほど鼻歌交じりで山頂に到着できないし下りではヘロヘロになりながら

登山口に辿り着くと体力不足を、凄く実感しています。


今日は、敢えて炎天下の伊吹をコースタイムを気にしながら登って来ました。

朝はAM5時前に自宅を出て吉野家で、ハムエッグ定食で朝食。



牛小鉢が美味しい。

伊吹山登山口の上野会館に車を駐車。

その時点で暑い、、、猛烈に不快、、、、

出発はAM9時45分、灼熱の炎天下登山には実にふさわしい時間帯である。

大嫌いな神社からの樹林帯の道で、すでに不快指数MAX



1合目からのゲレンデ登りで、すでに心は挫けかける。

とにかく暑い、ペースはまったく上がりません。




やっと3合目に到着。



休憩所の日陰で大休止、麦茶にソイジョイにゼリー飲料と補給をしていると吹く風に体が徐々に

クールダウン。

少し元気が出て来ました。

日陰を与えてくれた休憩所、ホンマに有難う。




夢遊病者の徘徊の様な灼熱地獄の登山者の列。




なんと3合目で大休止をしたとはいえ、まさかの山頂まで3時間5分もかかりました。

さっそくヤマトタケル像前の売店でカキ氷をオーダー。

心やさしきオーナーが搔いてたカキ氷を首を冷やしなさいと、少しくれた。

ホンマに最高に気持ちエエわ。




ローソンの冷麺を食べたけど、炎天下のザックの中で大丈夫やったんやろか。








山頂お花畑を巡っての下山も暑い、、、、

5合目の売店で冷たい水を購入して、

なんと根性無しの私は1合目の山小屋でもペプシコーラーを飲みながら休憩をしてしまった。

今回は夏山登山の為に、お初の新兵器の塩飴も投入したのに疲労困憊の為に帰りは高速道を使って

ビュッ~と帰宅しました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 球児たちの熱い夏。 | トップ | レンタルでもエエかもね。 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tan)
2017-07-23 17:23:21
同感です、年々体力の低下を痛感させられます。
自分でもビックリもんです。
こんな調子で仙塩尾根縦走なんてできるやろか!!
暑すぎる! (かみちゃん)
2017-07-23 19:30:35
毎日暑い日ばかり続きます。
山の上はちょっとは涼しいだろうと頑張って登っても、山の上も暑くて死にそうですよね。
登り3時間くらいなら、私からみると十分速いのですが…(~_~;)

単独さんは今年こそ仙塩尾根ねらってみえるんですね?
憧れますねぇ
仙塩尾根にですよ(笑)
頑張ってくだせぇ~ (鳥)
2017-07-24 21:29:27
単独さん。

仙塩尾根レポ、楽しみにしてます。
私も仕事をリタイヤしたら、多分同じくらいにリタイヤするんではないかと踏んでいる梨丸さんと挑戦したいです。
もう、大丈夫? (鳥)
2017-07-24 21:35:43
かみちゃん。

三ノ峰に登ったんなら、夏山に間に合いましたね。
でも、土曜日は暑かったですね。
やはりクールダウンにカキ氷は最強です。
ホンマに伊吹はエエ山ですね。
鳥さんへ (梨丸)
2017-07-24 21:39:40
ご期待に添えるよう、副隊長と共に体力維持に努めますので、仙塩尾根縦走に挑戦しましょう

その時はよろしく。 (鳥)
2017-07-25 21:56:28
梨丸さん。

カレンダーに左右されず天気だけを睨んで混雑しないシーズンに小屋泊まりで縦走しましょう。
テント担いだら心が挫けそうです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL