ツバメ日記

登山と日々の出来事

球児たちの熱い夏。

2017-07-17 13:53:32 | 日記
熊本には小学4年生の秋までしかいなかった。

あとはずっと大阪府民である。

大阪の高校を出て大阪で就職して大阪の女性と結婚して大阪に自宅を購入し

子供達も大阪出身の伴侶を得て家庭を持った。

だが、私は高校野球は大阪ではなく熊本代表を応援する。

それも大層な「熊本工業高」の大ファンなのである。

大阪に居ながら雑誌にネットにと熊本の高校野球に精通している私が

3年前に目にした雑誌の記事に熊本のとある私学校が大阪の中学リーグの指導者を

監督として迎え中学5冠を達成した教え子の大半が指導者を慕って、その私学に入学する

との記事だった。

そして監督となられた指導者は「3年後、熊本に深紅の大優勝旗を持って帰る。」と雑誌のインタビューに

答えていた。


その記事を見た時に、とても嫌な気持ちになってしまった。

熊本県にまで野球留学を受け入れる学校が現れたかと少し、腹立たしい気分だった。


でももう一人の自分が思うには熊本工業では優勝は出来ない、よくてベスト8か!!

PL学園、横浜高校、大阪桐蔭、これら強豪に負けず劣らず、たくさんのプロ野球選手を

輩出して来たのに、これらの強豪と違って準優勝が3回あるが、甲子園優勝の経験はないのだ。

はっきり言えば公立高校は、もはや甲子園では優勝は出来ないだろう。


そして第2の大阪代表と揶揄された熊本秀岳館高校だが昨年のセンバツ4強、夏も4強、

今年のセンバツも4強だった。

昨年の夏の準決勝は木曽駒ヶ岳からの下山時に試合だったのでラジオ観戦をしながら

山を下った。

ヒール役を一気に引き受けてしまった秀岳館の選手に郷土愛の強いファンから「帰れ!! コール」

が浴びせられた。

対戦相手の北海高校に3-2で敗れたが、試合中にパッシングを浴びる選手にキャプテンだった捕手

の子がベンチ前でナインを鼓舞した。「こんなところで負けて良いのか!! 俺たちは優勝する為に

熊本まで来たんだろう!!」

それまで私は冷めた目で秀岳館を見ていたが生徒達も必死なのだ。

そのキャプテンだった子は昨年のドラフトでソフトバンクへ入団した。

今からは彼のプロでの動向も気になる。

いろいろ問題もあるけど、目標もなく何をするでもなく高校3年間を過ごす子が多い中、

明確に全国優勝を目標に挙げて生徒は精進している、野球留学は賛成しないけど夢をかなえに

熊本まで来た彼らを今は素直に応援したい。

これで熊本の他校もレベルアップしてくれたら万々歳だ。


どこが代表校になるか分からないが大阪桐蔭と秀岳館が代表になれば間違いなく

今年の夏の甲子園はこの2校を中心にまわるだろうな。

さて、朝から蒸し蒸しと暑い今日は登山用の長袖Tシャツを3枚しか持ってなくて

使いまわしていたら結構、ボロボロになって来たので買い物へ。



夏山のメシも買って来ました、さて10回の食事はなに食べよ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲村ヶ岳 1725.9m 登るつも... | トップ | 伊吹山 1377m 舐めたらアカ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (梨丸)
2017-07-19 16:53:46
暑い暑いと思っていたら梅雨が明けましたね😉

夏山本番となりましたが、夏山への思いと同じくらい、高校野球に対する熱い思いを持ってらっしゃるんですね😍

高校球児らは、甲子園であれ県予選であれ、一人一人が一生懸命なんでしょうね😉

さて、我々は同じくらい熱い思いを夏本番となった高い山々でパーっと発散させましょうか😉
そうです。 (鳥)
2017-07-19 21:23:50
梨丸さん。

夏山なんですよ。
朝日連山で飯豊山に匹敵するような天空の楽園を満喫したいと思ってますが、なんか今年の蒸し暑さは、挫けそうですね。

東北の夏って、なかなか侮れない暑さで御座います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL