ツバメ日記

登山と日々の出来事

武奈ヶ岳 1214m お初の西南稜から!! 5月20日

2017-05-20 13:50:47 | 日記
最近、足腰がお疲れ気味で重ダルイので山で、ひと汗かいて夕方から

リザクゼーションに行く予定なのでAM3時30分起きで滋賀県へ

以前から気になっていた西南稜コースで登る予定で葛川少年自然の家の駐車場に車を駐車。

(下山時には満車でした。)



今日は暑くなる予報なのでAM6時出発です。




登り始めからジグザグの急登が続く。




御殿山から武奈ヶ岳を眺める。




私と入れ違う様に3人の登山者が下山して行ったので頂上は私だけのモノ。




虫が多いのでバナナとパンで腹ごしらえ。



西南尾根を下る。




わさび峠には車輪が残っていたが昔はトロッコが走ってたんやろか?





下山時には今日はたくさんの人が登って来られたんで通過待ちが大変でテン泊ザックを

担いだ高校生のグループも多かった。

やっぱり暑くても高校生は凄いわ。(ビールも飲まれへんのに、、、、)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今日も元気で!!

2017-05-18 22:30:10 | 日記
卵大好きの私は嫁さん手作りの煮卵で美味しく飲んでます。



体重、76kgから減りまへん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

比婆山 1264m ヒバゴンに出合えたのか? 5月5日

2017-05-07 09:21:31 | 日記
落胆して葦嶽山から下った私は、この失意のままでは大阪へ帰れない

そんな気持ちで一杯だった。

自称 UMA(未確認生物)マニアの私は考えた。

そうだ 私が小学生の頃に話題になったヒバゴンを探しに行こう

葦嶽山から30km少しの広島県県民の森へナビを設定した。

辿り着いた県民の森はキャンプ場が併設された良いところだった。




腹ごしらえにカップ麺を食べていると次々に車が入って来てザックを背負って登山者が出発して行く。

宿泊施設も有るし入浴も出来るようだ。

それと案内板には比婆山は国造りの神「イザナギノミコト」、「イザナミノミコト」の二神で

妻である「イザナミノミコト」が葬られている山であるらしい。


腹ごしらえにバナナも頬張って出発しようとすると車のキーがない

探せど探せど見つからない

ハイブリッドシステムは起動する、扉をロックしようとすると警告音と共に車内にキーが

残っているとメッセージが表示される。

間違いなくキーは車内に有るようだがどこにもない、、、

荷物をすべて降ろし車内に這いつくばって見たがない、、、、

そしたら着替えの衣服を入れているバックの底から出て来たのだ。

なんで、こんなところに入り込んでいたのか、まったくの不明である。

ひょっとしてファラオの呪いか

恐るべし日本ピラミッド

吾妻山まで足を伸ばすつもりであったが、ファラオの呪いの為に時間的余裕がなくなった

ので烏帽子山までの周回コースに予定を変更。

登山道はキャンプ場の中を進む。

そしてスキー場のゲレンデを登る。



その時であった、「うん、何やねんあれは、、、もしかしてヒバゴン

あれがヒバゴンなのか





恐ろしかったで~

ヒバゴン出合った事は恥ずかしいから誰にも喋らんとこう




登山道はゲレンデ登りが終わって暫くすると純ブナ林へとなる。




ブナ林に湧くホンマもんのブナ清水。






そして比婆山山頂に到着。




ひっそりと佇む巨石がイザナミノミコトの墓所らしい。



祠が有って巨石の周りを番人の様に巨木が守っている。



なかなかに萌え萌えする山やわ。

進路を烏帽子山へ向かう。




烏帽子山の頂上付近には条溝石という遺物があるらしい。(県民の森でバンプを入手)

あれが条溝石か?




何やねん、ただ溝が刻まれているだけやん、、、、、



案内板通り、たしかに溝はイザナミノミコトの墓所である比婆山を向いてる。



烏帽子山の頂上には古来の祭祀跡らしき岩が多い。





お隣にも毛無山がある。




ぐるっと周回してキャンプ場に戻って来ました。



今回は初日の船上山で3度もヘビに遭遇するという幕開きだったが、なかなか思いで深き

山旅になった。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

葦嶽山 815m 信じるか信じないか、それはあなた次第、、、、番外編 5月5日

2017-05-06 16:49:33 | 日記
AM5時前に目覚める。

道の駅で車中泊車両が何台駐車していても観光地の道の駅では

登山者は少ない。

就寝中の車両を尻目に朝食の用意をする。

今朝はレトルトのマーボー丼を食べよう。

パック御飯にマーボー豆腐をかけると残念なくらい豆腐が少ない、、、、、

形が崩れやすいからワザと少ないのか

まるで今から登る予定の山の残念感をすでに暗示していたのだろうか。


私は自称、古代史ファンである。

それも太古の昔の文明に萌え萌えするのである。

その山の存在は高校生の頃から知ってました。

一度は訪れてみたいと密かに思ってました。

でも社会人になって登山が趣味になって、いろんな山に登るようになって信仰の対象と

なっている山、神が宿る山といろんな山を見て来ました。

せっかく5連休に大山界隈でノンビリしているので、この際、少し足を伸ばして自分のの眼で

見てみたいと思い、この山の近くの道の駅で車中泊をしていました。


さて本当に昭和初期、酒井勝軍なる人物が、この山は世界最古の2万3千年前のピラミッドだと

宣言した山に私は何を感じるのか。


朝食のマーボー丼の豆腐の少なさに失意の中、車窓から見た案内板にテンションが上がる。



案内板に導かれるように山深い駐車場に導かれた。

なんだ、なんだ

世界最古のピラミッドだぞ

連休中なのに誰もいないじゃないか。

観光地に付き物の土産物屋もないぞ

取りあえず車を停めて歩き出す。



低山でも気合いが入ってない山は足取りが重い、、、、

なぜか鳥居が出て来た。




低山だからツツジに癒される。



街おこしの意味合いもあるのか世界最古のピラミッドは登山道が良く整備されている。



鷹岩、早くも見どころが現れた。




鷹ってどこが鷹っ

まあ、明日香村の亀石も猿石も何とも分かりにくいモノがあるので仕方ないか。

いや、まてよ。

2万3千前に造られたんや、風化してるんや、2万3千前は鷹やったんやろ。

山頂には昭和初期には太陽石なるものが有ったらしい、、、、どこにいったんやろ、、、





眺めは良いので少し癒される。



一旦、葦嶽山から下って向かいの鬼叫山に登る。

鞍部には東屋と案内板があった。



今から見どころが目白押しですぜ

ドルメン




位山の祭壇石の方がインパクトはあるな。










鏡石ですぜ、旦那!!








木々が邪魔ですけど葦嶽山はピラミッド型ですよ。




一通り、回って駐車場に戻っても駐車車両は青プリ1台のみ。

旦那、世界最古のピラミッドなんですぜ!!

連休なのに見物客皆無なんて殺生ですぜ












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毛無山 1218m 白馬山 1060m  5月4日

2017-05-06 15:59:56 | 日記
道の駅「メルヘンの里・新庄」で目覚めてカレーで朝食を摂る。

昨日は7台の車中泊車両だった。

ゆっくりとコーヒーを飲んで登山口の「毛無山山の家」へ向かう。

キャンプ場が併設されている綺麗な場所だった。




始めは植林地の登りだが、すぐブナ林に突入する。





毛無山の山頂は360°の大パノラマが広がるが大山南壁の存在が凄い。




今日は大山を眺めながら登山道は白馬山まで続く。



烏ヶ山



毛無山から白馬山までの縦走路の両脇はカタクリの一大群生地だった。









カタクリを堪能して白馬山に到着。



景色も良く老若男女、たくさんの登山者と出合った山だった。



さて、車中泊で山旅を続けると食材のゴミの始末がなかなか大変である。

ビールの空き缶などはペットボトルなどと一緒に自販機に備え付けのリサイクルボックスで

回収が出来るが、観光地ではコンビニもゴミ箱を店舗の外に出していない。

とにかく食品の過包装でゴミは増えるし臭いも気になるし、仕方ないので国道利用で

100kmほど走行して今夜の宿泊予定地の道の駅「リストアステーション」へ行く予定でしたが

ゴミの廃棄の為に泣く泣く高速道移動

鹿肉のコロッケを購入してゴミを廃棄。



今日はとっても静かな道の駅「リストアステーション」でタイガースを応援しながら

焼肉で乾杯



静かな道の駅の車中泊車両は6台でした。

今回も夜の楽しみにDVDを5本レンタルして来ました。

小栗旬が主演の「ミュージアム」と「後妻業の女」は面白かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加