本郷第四帝國

日本蹴球協会川淵三郎会長を称えます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

川渕総統御製歌070514

2007-05-15 03:20:17 | Weblog
文京の本郷の丘に天の下知らしめしし総統の御代

総統、円塚山に登りて、望国したまふ時の御製歌



 大和には 群島あれど

 とりよろふ 田嶋増島

 登し立ち 国見をすれば

 国原は 煙立ち立つ

 文人は お世辞立ち立つ

 うまし国そ

 蜻蛉島 大和の国は
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本郷第四帝國國歌「斑が代」

2007-04-26 02:26:56 | Weblog
斑が代は

千代に八千代に

川の淵の

淀みとなりて

泡(あぶく)弾けるまで
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

川渕総統語録070411

2007-04-11 20:19:07 | Weblog
丈二が上手に常軌を逸した笛吹いた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本郷第四帝國憲法第五条

2006-08-22 01:16:08 | Weblog
総統ハ麒麟ノ協賛ヲ以テ親善試合ヲ行フ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本郷第四帝國憲法第四条

2006-08-17 10:40:34 | Weblog
会長ハ協会ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬シ此ノ憲法ノ条規ニ依リ之ヲ行フ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本郷第四帝國憲法第参条

2006-08-09 07:05:29 | Weblog
日本蹴球協会会長ハ神聖ニシテ侵スヘカラス
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本郷第四帝國憲法第貳条

2006-08-05 03:39:11 | Weblog
本郷第四帝國ハ萬世一系ノ早稲田OB之ヲ統治ス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本郷第四帝國憲法第壹条

2006-08-04 07:03:02 | Weblog
第壹条 総統は、日本蹴球協会の象徴であり日本代表統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する川淵三郎の意に基く。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

本郷第四帝國憲法前文

2006-08-03 01:13:01 | Weblog
 第四帝國臣民は、正当に選挙された評議会における評議員を通じて行動し、スポンサーとわれらの取り巻きのために、代表試合による集金と、わが国全土にわたつて自由のもたらした恵沢を確保し、トルシエの行為によつて再び統制の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が川淵三郎に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも協会運営は、スポンサーの厳粛な信認によるものてあつて、その権威は金に由来し、その権力は会長がこれを行使し、その福利は川渕企画がこれを享受する。これは日本蹴球協会普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 第四帝國臣民は、川渕三郎会長の恒久の治世を念願し、臣民相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、代表を愛する臣民の公正と信義に信頼して、私の地位の安全と尊敬を保持せしめんと決意した。私は、権力を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を代表とそれを取り巻く報道機関に永遠に保持しようと努めてゐる日本蹴球協会内において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全ての臣民が、ひとしく恐怖と欠乏に陥り、平和のうちに堕落する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれのJリーグチームは、自チームのことのみに専念して他チームを無視するべきであつて、道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自チームの主権を維持し、他チームの監督を引き抜こうとする各チームの努力を奨励する。

 第四帝國臣民は、川淵三郎会長の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成する会長を崇めることを誓ふ。
コメント (6)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加