スローライフガーデン 花苗栽培農家日記

G&B川端園芸が綴るスローライフな生活

6月10日にアサガオって咲く?

2017-05-18 19:25:49 | 日記
 4月末のブログにも書いたけれど6月10日にどうしてもアサガオを咲かせてほしいとの要望を受け
それ以来栽培を続けて来ているわけなんだですが、どうしたら確実に咲くのか詳しい人に教えてもらったり、ネットで調べてみても
諸説あって「これだっ!」って言う結論になかなかたどり着けないのが現状。

 播種から一定期間が経ち株が出来れば咲くと言われる方や短日性なので短日処理をしてみたらと言う方もいるので
株も多めに用意してある事もあり、その両方を試してみる事にした。

 株が出来ればと言う方はそのまま置いておけば良いので無処理区としたが短日処理の方は昼の長さを8時間にしてみた。
要するに17時から翌日の8時までダンボール箱を被せてしまってアサガオには「夜」を過ごしてもらうと言う事に。
当園では同じ短日性の植物でポインセチアを生産してるのでハウス全体を暗くする被覆装置があるんだけれど
今回アサガオの株はわずか60鉢なのと他の植物もハウス内に居るのでダンボール箱でアサガオだけ「夜」になってもらった。

 時々「ならば1日中真っ暗にして押入れとかに入れて置けば早くなるんじゃない?」と言われることもあるけれど
「それだと植物が光合成が出来なくて枯れてしまうのでせんといてね」と答えています^^

こんな感じでダンボール箱を被せてみました




こちらは無処理区



 合わせて今日は通常栽培用(7月下旬開花用)のアサガオの播種の準備でした。水を吸いやすくするために一粒づつ
爪切りで種の一部を搔きとってみました。右側が一部を搔き取った種・・分かるかな?



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サルビア・ファリナセア三兄... | トップ | 動力源は光合成? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。