FXと四国遍路の物語 パート 2

一般大衆投資家が、時々四国遍路を行いながら、FX取引を行う様子をメモ

FX 微妙な位置、微妙な動き

2017-06-19 08:45:20 | 日記
おはようございます。6月19日月曜日です。広島は晴れ、少し薄い雲が空にあります。日差しは暑く、緑陰を選んで散歩している昨今です。近所にできた、貸し菜園では、トマト、キュウリ、ナス、トウモロコシ、かぼちゃの実が大きくなりつつあります。葉物の野菜は収穫を忘れたものがあるようで、もう搭が立ったものがあります。こうなると旬の食用野菜にはなりません。もったいない限りです。

さて、相場です。先週で中央銀行の政策が出そろいましたので、今度は投資家がこれを見極めて、動いてくる時期となります。例年だと、夏相場入りしますので、投資家は夏休みに入る時期ですが、今年はどうもそうはなっていないようで、まだ市場に残り、取引を行っているようです。こうなるのも、昨今の難しい相場で、損失を出しているからのようで、彼らは挽回の機会をうかがっているようです。

ドル円は上へ行くのか下へ行くのか微妙な位置にいるようで、現在少し神経質な動きをしているようです。

1時間足で相場をチェックすると、20MAは下降傾向を継続中で、すんなりと上へ行きそうにはありません。15分足までの短い足では押し目買いシグナルが要注意段階の点滅中です。まだ点灯には至りませんが、要注意の時期になってきているように思えます。

このような動きは先週金曜日のNYタイム後半から継続中ですので、BBが狭くなってきつつあります。どちらかへ動き出す準備段階に入ってきていると思われます。

1時間足と4時間足の方向が一致すれば判断しやすくなりますが、まだその状態にはありません。

少し判断の難しい相場になっているようです。

本日のシグナルは、「コスモス」は「売り」、「桜」も「売り」となっています。
健太君の判定は、「買い」は、110.960円超、「売り」は、110.960円以下、「買い」は110.104円以下の場合となっています。
FPVは、110.971円、R1は、111.301円、S1は、110.523円となっています。

相場の動きが微妙なだけに、本日のほかのシグナルの中には、「買い」と「売り」が混在しています。月曜日の特性からは、「買い」シグナルが出ている状況です。
小さな変化を短い足から見つけ、本日のポジション取りを考えていきたいと思います。

東京タイムでは、これからNYタイムで付けた押し目のポイント、110.641円を突きに来るのかどうか、それとも反発していくのか、神経質な動きをしてきそうです。

まもなく東京タイム開始です。本日もよろしくお願いします。合掌

追伸 20時30分です。材料のない中での取引になっているようです。明確な方向感は出てきませんが、ようやく30分足まで押し目買いシグナルが点灯してきました。1時間足が押し目買いパターンになるためには、111.3円を超えてくる必要があるようです。現時点では。さらなる時間経過で、このバーはもう少し上へあがるかもしれません。本日の上値としては111.3~5円付近を想定しています。R1付近まではロングを辛抱して持ちたいと思います。10年債利回りに上昇する傾向は出ていないような、、。

日足以上の長い足で相場を見ると、日足は上昇傾向を少し出し始めているようですが、週足では、まだ下降傾向のままとなっているようです。日足のBB2σは、112.081円付近。これは上値候補?為替情報では、112.5円売りまで出てきました。先週までの上値は112.0円でしたから、上へ伸びてくるのかもしれません。112.0円や112.5円でのオプションもセットされてきたようです。

1時間足までのBBはなかなか拡大する動きになってきません。欧州株式市場は堅調な動きになっているようですが、為替との連動は少ないようです。まもなくNY組が参加してくるころになります。

追伸 21時38分です。上値が111.336円まで来ています。一旦決済もあるレベルとなります。保有ロングは決済しました。いつもならスイングへもっていくところかもしれませんが、明日20日明後日21日は重要変化日のようですから、ここの動きを見てから、と考えるため、決済しました。リスクが取れるなら、ロング保有継続になりますが、、、。

本日は少し早いですが、これにて就寝とします。本日も訪問いただきありがとうございました。おやすみなさい。合掌
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第212回 FXとお大師様の言葉 | トップ | FX 重要変化日とは »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む