FXと四国遍路の物語 パート 2

一般大衆投資家が、時々四国遍路を行いながら、FX取引を行う様子をメモ

FX 今週の言い訳

2017-09-23 10:42:18 | 日記
おはようございます。9月23日土曜日です。広島は曇り、午後は雨が降りそうな感じです。せんだっての台風18号で、公園のどんぐりの実も風雨で地面にたくさん落ちてしまいましたが、まだまだ多くのどんぐりの実が枝についています。その粒も大きくなり、数個の実が集合してブドウのように見えます。ひょっとすると、自然というものは、台風などで実が落ちることを前提として、実をつけているのかもしれません。しかし、例年、晩秋になると、どんぐりは地面に落ちていますが、その実を食べに来るイタチやリスなどは見えず、枝についている実を食べにくる鳥も確認できません。ここでは、自然のサイクルは一部欠落しているのか、、、。しかし、ここまで来なくても、黄金山麓にはたくさんの実がありますので、そこで食餌を取れば、十分でしょうね。黄金山は豊かな山です。

さて、今週の言い訳です。

昨夜のNY市場は小幅まちまちで引けたようです。もう25日の税制改革案待ちになっているようです。大証日経先物も、日中先物とあまり変わらないレベルでの引け値となっています。昨日は午前中に、北朝鮮発信のコメントがあり、相場は急落しています。この動きは、市場関係者の間では、木曜日から、何かあるかもしれないというリスクオフ状態になっていたところへ出てきたということで、短期投機筋は、「待ってました」とばかり、下へ押し込んでいきました。北朝鮮側の口先介入だけで、短期投機筋が動いています。何も実弾が飛んだわけでもないのに、、、。これは、相場のサイクルの中で動意付く材料を待っていたものと思われます。

ここは読めませんでした。ただ、木曜日から、少しおかしな動きをしていましたから、上値の重さは感じ取っていましたが、無事木曜日を通過したことから、金曜日は無警戒になっていました。「今の位置をまだ中段のものとすれば、本日は113.0円狙いか」などと、「勝手に」上を向いていたのです。しかし、短期投機筋は、「何かあるかも」ということで、ショートを振る準備をしていたようですから、北朝鮮発のコメントは、下押しする材料、そして、タイミングとしても十分満足できるものだった思われます。しかし、前述のように、水爆実験が新たに行われたわけでもなく、単なる口撃ですから、これに反応するようでは、短期筋も材料難になっているのではないかと思われます。この点だけは従来と異なる動きだったと思われます。FOMC会合結果が出たことで、材料出尽くし感もありましたので、下押し開始と考えていたことは正解だったようです。

この「何かある」という感覚を持てるようにさらに研鑽していきたいと思います。これはテクニカルによる判断を磨くだけでは習得できそうにありません。

チャートは事実を反映しています。上値の重さがあれば、そのようなパターンができ、ここで「何か」を感じ取っていなければならないのです。「これからは上だ」という思い込みが、判断を狂わせ、保有ロングのストップになってしまいました。まだまだ未熟な小生です。

裁量取引が良いのか、それともコンピューター任せの自動売買が良いのか、特に考えている昨今です。

FOMC会合結果が出たのも今週でした。ここでの見立ては、ズバリ的中し、スイングトレードは良好な結果となりました。2時半に起きて、3時の会合結果を待ちましたが、この労も報われました。来週25日月曜日に出てくるといわれる税制改革案が市場関係者が歓迎する内容であれば、FOMCが言うところの年内もう一回の利上げは確実・濃厚になってきます。

利上げは株式相場にはマイナスに作用する要素ですが、減税政策が加わってくると、さらに取引を活況付けるものになると思われます。株価は上昇し、ドルも買われてくるようになると思われます。そうなると、年末へ向けた動きのスタートとなる可能性も出てきます。

利回りが上昇すると、債券は売られるようになってきます。利回りの急上昇はまだ起きないと思われますが、何かの拍子に急上昇し始めると、債券相場は暴落してきます。これを狙っているヘッジファンドもあります。また、NY株式市場はバブルかといわれる状態に今でもありますので、さらに上伸していけば、バブル論争が出てくるのは必定。来春に山を付けて調整入りするというアナリストも存在します。

そしてタイムラグがあって、本邦もその影響を受けそうです。

明日24日はドイツで国会議員選挙があるようです。メルケル首相率いる与党が優勢なようです。どこかと連立を組むという情報もあります。この選挙で欧州の選挙は終わりと思われます。これで欧州の大勢が決まりますので、欧州も落ち着いてくることと思われます。

本邦では、来週、衆議院の解散が行われるようで、これからしばらくは落ち着きのない環境になりそうですが、「選挙は買い」という株式相場の格言で、株価は上昇してくるかもしれません。選挙で為替はどう動いてくるか、これは課題とします。

インヴェスト証券のシストレ24を利用開始しました。不明な点はサポートセンターへ問い合わせ、理解できましたので、資金を投入し、運用開始しました。中期での運用を目指しています。運用状況をチェックして、カナダドル日本円の通貨ペアを選びました。最近は英ポンド円の通貨ペアの運用状況が良いようです。これも考えた結果、マイナーな通貨ペアですが、カナダドルとのペアにしました。これも運用成績の良い部類です。

今日も、これからペンタゴンチャートの勉強、そして自動売買ソフトの勉強をします。

少し天気は回復してきたようです。午後には、カープ対ジャイアンツのゲームが予定通り行われそうです。TV観戦も予定に入っています。

今週も訪問いただきありがとうございました。良い週末をお過ごしください。合掌














『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FX そして、セミの鳴き声は... | トップ | FX 秋さらに一歩進む »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事