FXと四国遍路の物語

FXの取引をし、時に四国遍路に出かけるブログ
通貨ペアはドル円中心で実施
このブログは私の取引メモ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

FX 暖かさを感じるようになったが、チンチョウゲはまだ、、、

2017年02月24日 08時59分01秒 | 日記
おはようございます。2月24日金曜日です。広島は晴れ、暖かい朝です。散歩中に久しぶりに少し汗をかいたように思います。散歩の途中でいつもの方たちと挨拶を交わすこともでき、皆元気に安堵。これで良しこれで良し。

さて、相場です。NYダウ平均はまた史上最高値を更新したらしい。株価の動きと為替の動きがアンマッチで為替は難しい環境にあるようです。

しかし、ここは焦らず半年から1年というような長めのスパンで相場を考えていきたいと思います。

昨日は米国財務長官の取材記事が報道され、ごくごく一部にとらわれたことから為替相場ドル円は円高へ振れてきています。短期投機筋の願ったりかなったりの状況になったわけです。この報道をしたのがWSJのようですが、ここが短期投機筋に都合のよいニュースを流すのはいつものこと。もっと厳しいことを言えば、ヘッジファンドのお抱え記者の塊ですから。WSJの情報源はウォール街です。ヘッジファンドからニュースソースを得ているのは周知の事実。

これらを含めて皆、相場です。しかしWSJの記事には偏りがあるのも事実。この辺をトランプ大統領も突いてくるわけです。マスメディアの嘘、偏向はあるというのが小生の持論。ここはトランプさんと同じ考え。

嘘だ、偏向だといっても、どうすることもできない個人です。そうであれば、その動きに乗じて動くより、手はないのも事実。ここに知恵が出せるかどうかになってきます。

本日は金曜日です。週末要素そしてゴトー日の動きも出やすい環境のようです。今月は28日が末日です。

そういえば、来週金曜日にあるかと思っていた、米国雇用統計の発表は、2月10日金曜日になっています。

これを知り上へ向いて「う~~~~ん」という感じ。

この近辺のスケジュールをチェックすると、3月9日ECB理事会、3月10日米国雇用統計発表、3月10日本邦のMSQ日、3月14・15日FOMC,3月15・16日日銀会合、そして、3月9日ころ一目均衡表での雲のねじれが生じています。3月18日米国MSQ日と、相場へ影響を与えるイベントが続々と出てきます。


FOMCや日銀会合が終わるまで、機関投資家は動けそうにない環境になったと思われます。これらを通過してから、新規資金が動いてくるのかもしれません。

昨日までの報道をまとめて考えると、FOMCによる3月利上げは少し遠のいたのかもしれません。これも不確実性が増す要素です。これではまだまだ相場は思う方向へは動けないようです。

こんなときいつも頭にでてくるのは、「谷深ければ山高し」という言葉。大きな流れを見失わないようにし、時間を味方につけていく取り組みを重ねていきたいと思います。

本日のシグナルは、「コスモス」は「買い」、「桜」も「買い」となっています。

健太君の判定は、「買い」は、113.040円超、「売り」は、113.040円以下、「買い」は、112.585円以下の場合となっています。今朝すでに112.583円まで下押ししていますので、少し遅れましたが、112.623円でデイトレ用のロングを持っています。
FPVは、112.876円、R1は、113.203円、S1は、112.293円となっています。

間もなく東京タイム開始です。本日もよろしくお願いします。合掌

追伸 10時14分です。ここで今後のスケジュールを再確認しておきます。(追加分のみ記載)

3月15日 オランダ総選挙、3月15日米国債務上限問題の期限到来日、3月末までに、英国リスボン条約第50条発動、4月23日フランス大統領第1回投票日、となっています。5月以降は後日、、、。
欧州での選挙では、右派の台頭があるのかどうかが最大の関心事になっているようです。特に、3月15日の米国債務上限期限到来では、ギリギリでも議会を通過するとみられていますが、トランプ大統領の対応次第では、期限内通過も危ぶまれており、そうなった場合、米国債の償還問題にまで発展しかねず、米国債大量保有のある日本や中国への影響が出てくる可能性もありそうです。円買いや円債購入への動きが鮮明になる恐れがありそうです。
この日が近づくと、債券運用ファンドマネージャーは戦々恐々たる心境になるのかもしれません。

現在ドル円は112.906円付近にあります。東京仲値を通過しても上伸継続のようです。もう少し辛抱してデイトレ分保有継続します。少なくても113.0円回復までは、、、。

追伸 10時28分です。最近ずっと思っていることは113.0円というレベルではもみ合いはなくスンナリと通過する傾向にあるということ。2月20日にもみ合ったところは113.1円付近で、113.0円にはなっていない様子。細かいことだけど、気にはなっています。ここを通過すると、113.5円とか114.0円へ向かう動きが出てきそうですが、、、。まだ気が早いか、、、。(ため息)

追伸 15時09分です。高値が更新できませんでしたので、昨日保有したデイトレ玉の一部と一昨日保有したデイトレ玉全部を112.819円で決済しました。今夜も指標発表があり、これも振れやすい項目と思われます。112.5円レベルで踏ん張れるかどうか、難しい状況になりつつあります。もう少し軽快に相場が動いてくれればと思いますが、それも望めず、辛抱辛抱の時期となっています。トランプ大統領が少し大人しくなったかの感じもありますが、仕事を各長官達にまかせだしたためとみる向きもあるようで、こうなると、政治的には素人集団ですから、為替に関する考えなどはこれまでの政権に似通ったスタンスを採用してくる可能性がありそうです。

現在は1時間足での上値抵抗に遭遇しているようです。ここを上抜けできれば、113.0円チャレンジの芽となってきそうなんですけど、買い材料はありません。

追伸 20時31分です。本日はデイトレ玉の決済で取引参加をする気はありませんでしたが、現在最安値が112.302円まで来ていますので、そろそろまた新規買いのタイミングを計っています。112.0円割れに行くか、反発するか、大切な所に差し掛かったようです。

今年になって早々から為替相場は下がり続け、そろそろ2月も終わりの局面になってきました。こうなると、そろそろ今度は反発しようかなんて言う気持ちも投資家には生じ始め、3月になったら、タイミングを計って、反発上昇をさせたい気持ちが起きてきます。その気持ちは4月末から5月上旬まで継続し、5月中旬からは再度売りの時期となってきます。これによりしばらくは夏相場のレンジ取引が続き、9月下旬から10月になってまたさらに上昇させようという買い方の意欲が出てきます。その気持ちは年末相場を形成し、、、、という1年の相場パターンを考えるこのタイミングになってきているように思われます。相場は「気」で動いています。この「気」を感じられるよう努力しているところです。ウン? 安値を更新してきた?! さ~~て、これからどう動いてくるか、、、。楽しみです。ちなみに、112.333円で打診買いポジを持ってみました。この付近でしばらくもみ合いそう、、、。

追伸 22時43分です。NY組の参加で、さらに下押ししてきています。NY組の狙いは112.0円にあるストップロス狙いになってきたようです。現在レートは112.1円前後ですが、買い方が辛抱して買い支えることができるかどうかになってきたようです。売り方は前述のようにストップ狙いですから、112.0円割れを狙ってきますから、今行かなくても24時の指標発表時には瞬間でも112.0円割れは出てくると思われます。
112.333円のロングは安値更新でストップをかけました。テクニカルでは、そろそろ感はすでに出てきている状況ですが、買いシグナルはどこにも出ていません。ここは下押し嵐が治まるのを待つしかないようです。ユーロドルでもユーロ買い、ドル売りが優勢となっています。この結果ドル円は少し上昇するとすぐ戻り売りに遭遇しています。24時NYカット通過までは買い方は動いてきそうにありません。

ここからはローソク足の組み合わせで、包み線が出てくるか、あるいは、はらみ線が出てくるか、などなど注目しているところです。

追伸 0時18分です。112.053円を最安値として反発してきています。23時過ぎに急伸した場面があり、その時の上値は112.476円まで来ました。ここで24時を迎え、NY組の押しに耐えているところのようです。112.3円付近で少しもみ合うのかもしれませんが、1時のロンドンフィックスになると、再度下押しが始まるのかもしれません。このときは週末の持ち高調整もあり、この売りも加わり押しも大きくなる可能性もあります。その時、112.0円狙いの動きが再現されるのかもしれません。今度の押しは先ほどの押しよりも手ごわいかもしれません。

追伸 1時05分です。112.3円付近で頑張っているようです。NY組にはまだ十分な時間があります。NY組はこれから上昇させようと考えるよりも、これでもか、これでもか、というくらいの意思を持って下突きをしてくると想定しています。今夜これから上伸させておく必要はないと思われますが、一つのシナリオとしては、28日のトランプ大統領の議会演説はもう少し上で迎えたいとする意向が入ってくる可能性がありそうです。そうなると、期待はずれとなった場合、あるいは「うわさで買って事実で売る」こともできるわけで、再度下押しが可能となるからです。期待通りとなった場合は、そのまま上伸させるということもできます。そうなることへの対策として、NY組は112円前半での買い仕込みをしてくることもあります。これから24時ころに付けた山を越えることができるか、もしできなければ、下押し傾向が強くなってくるのかもしれません。NY組究極の選択が始まりそうです。

というところですが、本日はここまで。本日も訪問いただきありがとうございました。おやすみなさい。スイング玉は引き続き保有継続としています。合掌


『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FX 不確実性のためか、、、 | トップ | FX  今週の言い訳 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。