FXと四国遍路の物語

FXの取引をし、時に四国遍路に出かけるブログ
通貨ペアはドル円中心で実施
このブログは私の取引メモ

FX おや? 不思議 金木犀がまた花をつけた。

2016年10月18日 08時44分58秒 | 日記
おはようございます。10月18日火曜日です。広島は曇り、少し暖かな朝です。今朝愛犬との散歩で外へ出たとき、芳しい香りが漂っていました。おや?っと思って、庭の金木犀を見ると、花が付いています。9月の台風で、みな散り、今年の花はもう終わりと思っていましたが、なぜか、また、花をつけ、芳香を出してきました。なぜだ?などとは思わず、素直に、喜び、芳香を味わっています。

さて、相場です。昨夜のNY株式市場は、少し下げているようですが、もみ合いの範疇と思われます。昨夜出てきたNY連銀製造業指数は予想を下回り、相場を押し下げてきたようです。ユーロドルは1.1ドルを回復してきたようです。まだ上昇傾向にあるように思われますが、ユーロドルの上値は重いのかもしれません。足の長いものでは戻り売りシグナルが点灯したままです。何かのきっかけで下押しが始まると思われます。その時、ドル円は円安進行となってきます。ユーロドルとドル円は逆相関できちんと動いていますので、しばらく注視していきます。

今夜は米国企業のインテルやGSの決算が発表になります。また指標としてはCPIの発表がありますので、ここで少し振れてきそうです。予想は前月並みというところでしょうか。
少し前に昨日安値を更新してきました。本日PBを割り込みましたので、103.7円台で買おうと思っていましたが、ちょっと目を離したときでしたので、その時には買えませんでした。103.8円でロングポジを持ちました。順張りで動くのは気持ちが楽です。一時的に逆へ動いても、いずれ105円を狙う動きになってきますので、、、。と想定しています。年末107円の声も出てき始めています。少し気が早いですが、1月になると、また下押ししてくる可能性もありそうで、その時は95円狙いの動きにあるかもしれないといいます。頭の隅に入れておきたいと思います。

今週は上値の重い展開になりそうで、レンジ相場と思われます。13日高値104.636円を山として、どの付近まで下押ししてくるのか、考えています。103.5円、103.0円、102.8円付近を想定して相場を見ているところです。

現状では104.05円付近では売り方の決済売りも想定され、さらに上、104.5円では今度は売り方が待ち構えているようです。
103.75円付近では買い方の投げも想定され、買い方は103.5円付近で買い拾ってくる雰囲気があります。先ほど、103.760円まで押しこみましたが、ここでは買い方が動いてきています。

本日は、104円台回復の動きを目指すのかもしれません。ここまでの動きを上下値幅でみると、上昇値幅は、0.063円、下降値幅は0.101円となっており、今のところ下有利という状況のようです。

上値の重い展開かもしれません。まずは103.964円を超えてくるかどうか、見ていくこととします。

5分足チャートを見ると、800SMAが103.971円付近を右肩上がりで通過中です。まずはここを狙ってくるのかもしれません。現在レートは103.883円(8時32分現在)にいます。ここより上には各種抵抗ラインがありますので、これをどうこなしていくのか見ていきたいと思います。

保有玉の決済めどは、104.1~2円付近を考えていますが、本日のFPVが104.012円ですから、この付近で一旦決済するのがベターかもしれません。その時の状況で判断していきたいと思います。104.3円まで伸ばせるかどうか、です。このまま上へ行きそうな状況になった場合は、そのまま保有継続で上伸させ、104.5円付近まではひっぱりたいと思います。東京タイムでは、ユーロドルの動き次第かもしれません。

本日のシグナルは、「コスモス」は、「買い」、「桜」も「買い」となっています。
健太君の判定は、「買いは、104.126円超、「売り」は、104.126円以下、「買い」は、103.832円以下の場合となっています。
FPVは、104.012円、R1は、104.239円、S1は、103.652円となっています。

本日もテクニカルな動きになると想定しています。フィボも適宜チェックしながら相場を見ていきたいと思います。間もなく東京タイム開始です。本日もよろしくお願いします。合掌

追伸 本日も「読者になる」ポチっと運動をしています。ご協力をお願いします。

追伸 11時55分です。あまり動きません。本日のPB付近で上下しています。辛抱強くホールドしています。いろいろ考えている中の一つが、1時間足の800SMAの位置です。現在、それは、102.398円付近を通過中です。何か下押す場合場あると、NY組はここを狙って押して来るケースが多々ありますので、注意をしているところです。ここへ来る前の102.6円ではアジア系と思われる買い方が買い待ち構えているようですが、、、。シンガポール、マレーシア、香港などの市場から相場を打ってくるのかもしれません。

追伸 10時19分です。下値が103.682円まで来ています。ユーロドルが急伸し、1.10262ドルまで来ています。これで少し長い期間でフィボを考えると61.8%戻しを達成していますので、そろそろ反転するかと考えたりしています。同様にドル円もフィボを見ると、こちらは61.8%押しを達成しています。これも一旦反発開始のめどではあります。そうすると、半値戻し(104.05円付近)か38.2%戻し(103.96円付近)を上値めどとして見ていきたいと思います。ちなみに試行実施中の考え方でいけば、上値は104.18円付近となっています。

ユーロドルの急伸にはこれといった原因はないようですから、短期筋がユーロ買いを仕掛けたのかも知れません。彼らもひとまずこれでそれなりの利益を上げたかもしれませんので、流れは反転しやすくなると思われます。ドル円は103.86円台まで回復してきています。ロング保有継続中。

追伸 12時41分です。また考えました。現在のNY市場のダウ平均株価は高いレベルにあるといいます。何かあると、売られて、大きく下げていくのかもしれません。FRBもこれを嫌っているわけで、こうならないために、緩和姿勢はまだ継続するとしています。利上げは12月よりも先、来年1月という声も出てきています。これを反映したのが、ドル高のゆっくりペースと思われます。欧州発リスク、中国発リスク、中東リスクなどなど、どこから何が起きるかわかりません。危機発生時を想定したシナリオも考えておきたいと思います。危機発生時はドル買いが起きると思われますが、意外や、円買いの動きになる可能性もありそうです。たとえば、米国大統領にトランプ氏がなった場合、いったんドルが売り込まれる場合も想定しておきます。杞憂か?

しかし、103.8円レベルの滞留が長くなりました。動きだすのは14時以降か。現在は方向感なし。
仮に、ここを底と考えると、現状は「縦の首振り」状態。そうであれば、現在の時間調整が終わると、相場は上へ行くことになるが、、、。その時ユーロドルは下降していく、、、、。さて。

追伸 14時36分です。ようやく上へ行き始めました。しかし、狭いBBによって十分上へ行けないようです。取引は1時間足へ移ってきたようです。

追伸 16時05分です。そろそろロンドン早朝組が参加してきます。一旦押し込んでくるかもしれません。104.1円を超えてくると、この付近にある売り方のストップを巻き込んでもう少し上昇すると考えています。しかし、時間的に見てプレーヤーがアジア勢から欧州勢へチェンジするタイミングですから、動きにも変化が出てくる可能性はあります。要注意です。保有のロングポジについては、104.25円で決済予約を入れました。現在相場は4時間足で動いてきたようです。

追伸 20時40分です。今夜はもう21時30分発表のCPI指標待ちになっているようです。もし、良いとなると、上値は104.5円付近まで行くのかもしれません。こうなると色気が出てきて、105円狙いの動きも想定しておく必要はありそうですが、最近は104円台で上値が重くなっていますので、104.5円付近からは再度押し込まれて来ることも想定しておきたいと思います。ほかの指標もよい内容で、GSなどの決算も良好となると、上狙いの動きはあす以降へと引き継がれていくのかもしれません。とにかく上へ行くための材料が必要になるようです。明日11時、中国のGDPなどが発表になります。米国材料だけではなく中国材料で振れるのかもしれません。為替情報での上値は106.0円が出てきています。

現在チャネルライン上辺は104.254円付近を右肩下がりで通過中です。今夜はこの辺までか、ということで決済予約を104.25円に入れているわけです。ユーロドルはユーロ安ドル高へ振れてきています。欧州の株価は堅調な様子です。原油価格、ダウ先物も堅調に推移しているようです。 固く決済をするなら、104.1円付近での決済をお勧め。この付近は61.8%戻し付近となります。買い気配が強くなってくると、ここを通過して104.5円狙いの動きになってきそうです。ここはリスクをとるか取らないかで、行動が決まります。小生はリスクを取ってホールド継続中です。

追伸 21時46分です。CPI関係は予想通りのようだと思われます。その前に判明しているGSなどの企業決算状況は1ドル当たり利益はみな予想より大きいようです。ただ、企業決算については、からくりがあるようで、従業員の年金コストの計上を行わず、先送りしているとの見解があります。法規制でこれが可能なようで、先々、コストが大きくなる恐れがあるようです。

このような状況下で、相場が大きく上下したのは、これからNY組が参入して来るためで、上昇させていた欧州のトレーダーが利益確定を含めて売ってきたため、下がっただけのことです。流れを変えるほどの材料はないように思われます。上げる前に下押しておく、これが欧米メジャーのやり方です。瞬間でも103.792円まで下押ししています。ここまで押し下げておけば、NY組は買い拾いやすいと思われます。欧州支店とNY本店が仕組んだ動きと理解しています。今回の深押しで、N値を計算すると、104.46円付近が出てきます。夜は長い。ここからの動きはNY組に期待して、小生は早めの就寝とします。現在のドル円相場は押し目買いに徹すること、ユーロドルは戻り売りになります。

ウン? 104.111円まで来ました。手堅くいくなら、ここは決済となります。高値更新してくるか、それは22時30分以降のNY本体の参加からかもしれません。決済予約は入れたままです。さらに強気で行くなら決済は104.5円付近を狙う手もありそうですが、、、。本日も訪問いただきありがとうございました。おやすみなさい。合掌















『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FX ウン? うん こんなも... | トップ | FX 金木犀の芳香が漂います。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。