FXと四国遍路の物語

FXの取引をし、時に四国遍路に出かけるブログ
通貨ペアはドル円中心で実施
このブログは私の取引メモ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

FX 今朝も吐く息が白い。

2017年03月08日 08時42分24秒 | 日記
おはようございます。3月8日水曜日です。広島は晴れ、ですが、今朝も冷え込んでいます。底冷えしています。霜が降りる一歩手前くらいの感じ。なかなか暖かくなりません。県北で雪解けが進み、暖かくなってきたら、実家の大掃除へ出かける予定。今年はこの不動産の処理を考えないといけません。昨夜のWBCでは日本がキューバに勝ちました。幸先の良い船出となりました。今夜はオーストラリアと対戦です。

さて、相場です。昨夜のNY市場では株価は少し軟調な動きだったようです。雇用統計前ということで、売買が低調だったようです。米国のMSQは、来週17日です。FOMCによる3月利上げ期待が80%を超えてきていますので、市場はこれを織り込んできています。米国債10年物利回りが2.5110%と上昇してきています。CRB指数は相変わらず上昇しません。商品取引はまだ軟調なようです。

昨夜の為替ドル円の動きは、高値切り上げ安値切り上げの上昇パターンを維持してきました。

昨日書いていますが、本来なら、本日は「魔の水曜日」といういわれる日に該当します。機関投資家の都合で相場が乱高下しやすい日と言われています。今回のSQはオプション、株式指数先物などが同時にSQになるMSQですから、次の6月限への乗り換えが進んでくると思われます。メジャーな機関投資家は安くなったら買おうとかいうことではなく、次のSQまでの運用をどうするかなどを考え、さらに、今回の利益出しのためにどの会社の株式をどれくらい売却するかを中心に判断してきます。そこで、まだ先高観があるとなると、ロングの保有を目指してくるわけで、株式売却は少なくなる可能性もあります。しかし、リスクを考えると、ヘッジすることも忘れず、先物で「売り」ポジションを持つということも考えていると思われます。いけいけどんどんになれば、売りよりも買いが勝ってくると思われますが、投機筋は円ショートに傾いていても、商業筋は円ロングに傾くというこの戦略の違いにも注意しなければなりません。

最近、FOMC利上げがあった場合、ドル円はどちらへ向かうか、という論評が増えてきました。これは双方の声が聞こえます。利上げ決定でドル高へ、というものと、円高へ、というものが出てきています。専門家でもこのように着目点が異なると結論が異なるわけです。

目先的には少し振れやすい時期になるかもしれませんが、長い目で見れば、年末にはドル高円安が進行するというパターンのものがまだ主流のようです。

まずは「魔の水曜日」の通過を待つことになります。本日の上下動は、近い将来をにらんでの動きですから、大局観を持ってこれをやり過ごしたいと思います。

本日のシグナルは、「コスモス」は「買い」、「桜」は「売り」となっています。
健太君の判定は、「買い」は、114.067円超、「売り」は、114.067円以下、「買い」は、113.854円以下の場合となっています。これらは昨日のものと近い位置です。
FPVは、113.955円、R1は、114.179円、S1は、113.753円となっています。

間もなく東京タイム開始です。現在の相場は、30分足までは戻り売りシグナルが点灯しています。1時間以上の足ではまだ押し目買いシグナルのままです。相場の動きは長い足に従えと言いますから、押し目を買うという動きを本日も採用していくことになりますね。まずは様子見から始めたいと思います。本日もよろしくお願いします。合掌

追伸 10時18分です。 113.793円でデイトレ用ロングを持ちました。まだ打診買いの範囲ですが、、、。

追伸 10時59分です。113.845円で決済しました。上か下かの分岐点のような気がしていますが、ノーポジで様子を見ます。


追伸 11時13分です。ここまでの動きを値幅でみると、上下値幅は、0.282円で、その大部分は下降値幅となっています。ここまでの動きでは売り方有利という状況になっています。4時間足まで売り圧力がかかってきていますので、上値は重い展開になってきていると思われます。買いポジを持ってもまだ長くは持てない相場になっているようです。もう一度は少し前に付けた安値を突きに来ると想定しています。もう一つの見方として、目先的にですが、現在上か下かの分岐点での攻防をしているとも考えられます。113.858円を上抜いてくるようになると、一旦反発してくるとも想定されます。これをチェックしているところです。しかし、上へ行くとなっても、前述のようにまだ長くは持てない状況です。

追伸 22時42分です。本日も19時ころからWBCのゲームを視聴しました。チャートは開いていて動きは見ていましたが、取引はしておりません。今夜の米国指標の結果を受けて、相場は114.5円を超えていき、114.6円台まで来ています。この結果、上下値幅と終始差の関係の整合性が取れてきました。本日は77.45%の確率で、今朝7時寄り付き値よりも上で大引けを迎えると思われます。

しかし、ここからの動きですが、NY組の稼ぐ方法を考えなければなりません。上値を伸ばす方法か、それとも、そろそろ一旦下押しして値幅を食って日銭を稼ぐか、本日も24時のNYカット後の動きが注目になりそうです。

というところですが、本日はここまで。本日も訪問いただきありがとうございました。おやすみなさい。合掌



『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FX 春3月だというのに寒い、... | トップ | FX 鶯の声に和む。 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事