多摩川サイクリングロードの車窓から

遅くてもいいじゃない 貧脚だもの

久しぶりに風張峠

2015年05月05日 | 自転車に乗って:奥多摩地区
今日は柳沢峠越えをしようと奥多摩に行ってきました。
多摩サイで羽村まで行き、奥多摩街道で青梅~奥多摩湖を経て柳沢峠を越え、塩山に下りて輪行で帰る計画です。
ん、タイトルと違うじゃないかって?そこはほら、事情があるのですよ。



多摩サイを遡り、まず矢野口のローソンで最初の休憩をしたのですが、
BEX ISOYA仲間のTSMさんにバッタリ出くわしました。何でも、会社の同僚と相模湖に行くのだとか。
このローソンは自転車乗りが集まる所ではありますが、偶然というものはあるのですな。

TSMさんと別れてさらに多摩サイを遡ります。今の時点では雲が厚いのですが、午後は晴れるはず・・・



奥多摩街道に入り、青梅を過ぎると空がだんだん青くなってきました。
GWももうすぐ終わりですが、最後のお出かけをしてる人が多いのでしょうか?交通量はかなりあります。


12時ごろ奥多摩湖に到着し、水と緑のふれあい館で昼メシを食べていると誰かに声をかけられました。
顔を上げると、またしてもBEX ISOYA仲間のOSMさんでした。
えええ、何でこんなとこにいるの!?・・・って愚問か。自転車に決まってますね、レーパン履いてるし。
メシを食いながら話を聞くと、風張峠を走りにきたのだとか。ふーむ。

それじゃせっかくだから、と俺もそれに同行させてもらうことにしました。
柳沢峠?まあいつでも来れるでしょ。



とりあえず奥多摩湖をバックに写真を撮ってもらいました。
こうしてみると、我ながらやる気の感じられない服装です。

奥多摩湖畔を西へ走っていよいよ風張峠にアタックするわけですが。
ここに来るのは去年の7月以来でずいぶんご無沙汰です。
筑波8耐の疲れがまだ脚に残っていることでもあり、少し余裕を残し気味で登ったのですが、
月夜見第一駐車場までのタイムは36分で、レース本番を除けば自己最高のタイムでした。



月夜見第一駐車場にはまだ八重桜が咲いていました。葉が出てるので先は短そうですが。



右側がOSMさんの自転車です。この頃には午前中の曇り空はどこへやら、すっかり晴れあがっていました。



しばらく休憩した後に出発し、程なく風張峠に到着。
去年までは、ここは樹木に囲まれていて眺望が無かったはずですが・・・いつ伐採したんだろう?

(去年、同じ場所の写真)

去年までは眺望が悪いだけじゃなく、せっかくのモニュメントも樹木に埋もれて気づきにくかったんですよね。


この後は武蔵五日市側に下山しました。
武蔵五日市駅から輪行しようかとも思いましたが、せっかく連れもいるし、
体力的にまだいけそうでもあったので多摩サイ経由で自走することにしました。

最終的に走行距離は200km、想定外の長さになりました。
こりゃ明日は疲れが出て家に引きこもりかな。


しかし今日は良く知り合いに会う日でした。それも、家から100km離れた奥多摩湖ですからね、すごい偶然です。
一昨日は筑波8耐、昨日一日を休息に充てて今日また走る。
BEX ISOYA関係者はそういう人が多かっただろうけど、それにしてもねぇ。

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筑波8耐 2015春 | トップ | GARMINの画面を晒してみる »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL