ブログ・アビット

埼玉県新白岡の学習塾、アビット新白岡校の日常と教室長の日常をお送りします。

『下剋上受験』から学ぶ(1)

2017-04-19 | TVドラマから学ぶ

写真は、塾生のKさんに描いてもらった、公式HPの写真の絵です。

2017年、冬クールのTVドラマですが・・・。
私は、少な目の4本を見ていました。

● 『スーパーサラリーマン佐江内氏』
● 『嘘の戦争』
● 『下剋上受験』
● 『A LIFE~愛しき人~』

2017年の冬クールで、1番面白かったドラマです。
藤子・F・不二雄、小泉今日子、ゆるい展開・・・。
これらが好きなので、『スーパーサラリーマン佐江内氏』を推します。

『スーパーサラリーマン佐江内氏』の公式HPは、↓をクリック。
http://www.ntv.co.jp/saenai/

ムロツヨシの小池刑事は、毎回「クスクス」という笑いを引き出します。
相変わらず自由に動く佐藤二朗は、意外にもラスボス的な役割でしたね。
そして、ゲストで宅麻伸まで登場していました。

ムロ、二朗さん、宅麻の3人は、TVドラマ『勇者ヨシヒコ』に出演。
私は、『勇者ヨシヒコ』も好きで・・・。
そのテイストがあふれていたのも嬉しいところでした♪

『下剋上受験』は、私にとっては3番手でしたね。

『下剋上受験』の、どこかの回で気になったのが・・・。
「その次の全国模試で、佳織は初めて偏差値60を超えた」
その回のラストで、そうナレーションが流れたところです。

どうやったら、その高い偏差値までアップしたのかと?

受験の仕事をしているからかもしれませんが・・・。
その過程が次回にも、まったく入っていなかったのが残念でした。
一般的には、それほど気にする過程ではないのかもしれませんが。

『下剋上受験』の公式HPは、↓をクリック。
http://www.tbs.co.jp/gekokujo_juken/

主な出演者は・・・。

● 桜井信一【演 - 阿部サダヲ】
● 桜井香夏子【演 - 深田恭子】
● 桜井佳織【演 - 山田美紅羽】

「表メイン」の信一(お父さん)は・・・。
東京の私立中トップ校、1校しか受験させないつもりだったのです。
実際、信一が願書を出したのは、その1校でした。

信一は、最終回以前の回で、富士山の話をしていましたよね。
2番目に高い山を知っている人はほとんどいない、1番にしか価値はない。
・・・ザックリ言うと、そんな感じでした。

でも、自分の子ども(佳織)の力もあるわけだし・・・。
1番だけしか狙わない、しかも本当にトップ校1校しか受験しない。
そんなことはしなくていいのにと思いました。

子どもの学力と合っていないこともあるし、好みも適性もあります。
「1番しか狙わない、この学校しか考えない、この学校しか受験しない」
それは、よほど確実性がない限りはどうかなあと思います。

そして佳織、その私立中トップ校は不合格でした★

この合格発表の話は、170317の最終回(第10話)です。
こんなBad End、あるのかなと。
でも、救いがありましたよ。

この最終回でイチバン活躍したのは・・・。
香夏子(お母さん)のように思いました。
「裏メイン」というヤツですね。

このドラマでの深キョンは、相変わらずかわいかったですね♪
2017年1月時点の実年齢は、34歳ということですが・・・。
若い頃よりも、30代のほうがいいかも。

そういえば、新垣結衣、石川さとみ、長澤まさみ、綾瀬はるかなど・・・。
アラサー女優さんに、魅力のある人が多いような気がします。
女優さんで魅力が出てくるのは、30代くらいからなのでしょうか。

その香夏子の活躍は、次回ラストへ☆

----------------------------------------------------------------------

下剋上受験[文庫版] ―両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!
桜井信一
産経新聞出版

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『スポーツのできる子どもは... | トップ | 『下剋上受験』から学ぶ(2) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。