ブログ・アビット

埼玉県新白岡の学習塾、アビット新白岡校の日常と教室長の日常をお送りします。

中1数学 篠津中、定期テスト対策 タイルの規則性

2016-10-08 | 本日の授業

写真は、160916、中1数学の授業です。

160821の新聞記事に、「中学生の進学率最高、99.0%」がありました。

埼玉県内の中学校を、2016年3月に卒業した生徒についてです。
99.0%は、過去最高の割合です。

高校卒業者のうち、大学などへの進学率は56.9%、就職率は14.6%。
進学率は0.3%減、就職率は0.2%増ということです。
就職率の6年連続上昇は、何を表しているのでしょうか?

それでは、授業に戻りましょう。

埼玉県白岡市・篠津中、第2回定期テストが迫りましたね。
160923です。
2週間前からテスト範囲に戻って勉強しています。

さあ、過去問を見てみましょう。

問題「図のような長方形のタイルAと、Aの面積の半分である直角三角形のタイルBがある。これを、直前に置いたタイルの右へすき間なく、AABAAB…という順番で重ならないように並べていった。最初から4枚のタイルでつくられた図形の面積は、42㎠である。最初から10枚のタイルを並べたとき、タイルでつくられた図形の面積を求めなさい」

「福島県・改」と書いてあります。
定期テストに、入試問題を持ってきたようですね。
授業では扱っていないのではないかと思います。

それでは、解答の流れを一緒に見ていきましょう。

タイルAとタイルBの面積がわからないので・・・。
10枚並べたときの面積もわかりませんよね。

問題を眺めていても、タイル1枚の面積は出てこないので・・・。
タイルAの面積をa㎠とおいてしまいましょう。

そうすると、「4枚で42㎠」というところから、式がつくられます。
タイルBは半分なので、もちろん「1/2 a㎠」となります。

4枚で42㎠の式は?

→ a+a+1/2 a+a=42
     3a+1/2 a=42 ←「×2」をする
        6a+a=84
         7a=84
          a=12

タイルAは12㎠、タイルBは、その半分の6㎠となります。

タイルを10枚並べるということは、AABAABAABAです。
タイルAが7枚、タイルBが3枚となりますね。
ラストは、10枚のときの面積を求めましょう。

 12㎠×7枚+6㎠×3枚
 =84+18
 =102

答えは、「102㎠」です。

↑確認してみてくださいね。

「わからない数をaとおいてしまう」というのは・・・。
まず、自分からの行動が必要です。
だから、少し難しい部類の問題だと思います。

この問題は、これだけ考えて、たったの2点です★
この問題に、気を取られ過ぎないほうがいいですね。

子どもは、「あんなのわかりっこない」と・・・。
できないところばかりを気にします。

入試問題から持ってきた難しい問題は、全部で12点分です。
普通の子ども60%、できない子どもの20%なら・・・。
これは、すべて落としてもかまいませんよ。

他の、教科書や学校のワークレベルの問題・・・。
これができていれば、最高で88点はいくわけですから。
この回は、88点取れていれば、たいしたものです。

上位20%の、できる子どもにとっては、よいチャレンジ問題です。
88点分を確実に取ったうえで、考え始めるといいかなと思います☆

----------------------------------------------------------------------

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アビット新白岡校の土曜復習... | トップ | 2016年→2017年 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本日の授業」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。