ブログ・アビット

埼玉県新白岡の学習塾、アビット新白岡校の日常と教室長の日常をお送りします。

初詣は、築地本願寺(1)

2017-01-04 | 教室長の趣味

写真は、築地本願寺の入口です。

170103、恒例の初詣イベントでした。
メンバーは、オトナ5人と子ども1人。
今年も、だいたい同じメンバーで集まることができました。

2017年は、初参拝の築地本願寺(つきじほんがんじ)です。
東京・築地市場のすぐ近所にあります。
1月3日のためか、けっこう空いていましたよ。

築地本願寺の公式HPは、↓をクリック。
http://tsukijihongwanji.jp/

まず、外観が日本らしくなくて驚きましたね。
古代インド様式というようです。
西洋の建物のようにも見えますね。

↑とても特徴ある外観のお寺です。

2014年、国の重要文化財に指定されました。
そのためか、屋台などはひとつもありません。
けっこう、敷地は広いのですが。

建物の中に入れば、荘厳な本堂があります。
ここで、お賽銭を入れたりします。
備え付けの座席もたくさんあって、ゆっくり座って本堂が見られます。

本堂の写真も撮りたかったのですが・・・。
友だちに「やめとけ!」と言われました★
たしかに、本堂内で写真を撮っている人は見かけません。

↑X JAPANのhide(ひで)のコーナーがありました。

Xのギタリスト、ソロでも活躍したhideは、1998年に急死。
1998年の葬儀・告別式には、ファンが約52000人参列。
2010年の十三回忌には、ファンが約35000人弔問。

hideの公式HPは、↓をクリック。
http://www.hide-city.com/

私は、Xのコンサートに何度も参戦しています。
思いがけずhideに会えてよかった。
葬儀・告別式、十三回忌ともに、築地本願寺で行われたようです。

つい数日前の161223、『Mステ スーパーライブ』にXが登場。
そこでもhideは、映像で演奏に加わっていましたね。
コンサートでも、hideの映像が流れると、大歓声が起こります。

さて、なにより目を引いたのが・・・。
本堂正面の左右にある、「大太鼓(だだいこ)」です。

太鼓が中央付近にあり、その周囲にきれいな装飾が。
装飾を含めた高さが約3メートルと大きいです。

写真に撮れていないのが残念ですが・・・。
これを実際に見るだけでも、訪れる価値があると思いますよ。

↑これは、「有翼の獅子(ゆうよくのしし)」です。

建物内は、動物の像が多かったですね。
本堂のど真ん中に、玄武、白虎、青龍、朱雀が。
マンガ『修羅の門』の、陸奥九十九の技を思い出します(←説明スルー)。

↑干支の鶏かなと思ったら、孔雀(くじゃく)でした~。

さて、せっかく築地に来たので、少し散策です。

お店は、正月休みで閉まっているところも多かったですが・・・。
お寿司屋さんは開いていますね。
なんだか築地は、お寿司屋さんばかりのような気がします★

続けて築地を歩いていると・・・。
波除稲荷神社(なみよけいなりじんじゃ)に遭遇。
この日、2回目の初詣をしましたよ。

↑入口の垂れ幕には、「商売繁盛」とありますね♪

波除稲荷神社の公式HPは、↓をクリック。
http://www.namiyoke.or.jp/

こちらでは、おみくじなどもありましたね。
紙だけではなく、金属製の小さいキャラ(?)も入っていました。
財布などに入れて、御利益を願うのでしょうか。

↑広くない敷地に、参拝者が並んでいました。

私は築地にほとんど来たことがなかったので、とても刺激がありました。
初めて参拝したお寺や神社も、新鮮でしたね。
場所を選んでくれた、幹事のS君に感謝です。

こんな感じで、15:00~17:00前まで、築地を歩いていると・・・。
みるみる暗くなってきて、寒くなってきました。
あとは、新年会に突入です。

・・・それは、次回ラストで☆

----------------------------------------------------------------------

子 ギャル(初回限定盤)(DVD付)
クリエーター情報なし
ユニバーサルミュージック

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「RIZIN 2016 Final ROUND」... | トップ | 初詣は、築地本願寺(2) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。