ブログ・アビット

埼玉県新白岡の学習塾、アビット新白岡校の日常と教室長の日常をお送りします。

『下剋上受験』から学ぶ(2)

2017-04-20 | TVドラマから学ぶ

写真は、塾生のKさんに描いてもらった、公式HPの写真の絵です。

170317、TVドラマ『下剋上受験』の最終回(第10話)を見ました。

桜井佳織【演 - 山田美紅羽】は、東京トップの私立中に不合格でした★
なんと、桜井信一【演 - 阿部サダヲ】(お父さん)の意向で・・・。
トップの私立中、1校しか願書を出していなかったです。

多くの保護者や子どもは、私立中1校だけの受験はしません。
受験日程は各校でずれていますし、だいたい複数校受験しますね。
複数校でなくても、同じ私立中で複数回受験日程があったりします。

複数校受験は、保険をかけるという意味だけではなく・・・。

● 他校にも魅力を感じる
● 何校か本番を受験して、慣れておきたい
● 受験勉強の努力をムダにしないで、何かしら結果を残したい

それらの意味も大きいと思います。

だから、桜井香夏子【演 - 深田恭子】(お母さん)が2人に内緒で・・・。
トップ2の私立中に、願書を出しておいてくれたこと。
このシーンは、嬉しかったですね♪

香夏子が、家族の中でイチバン状況をわかっていたのかなあと。

この家族でイチバン頭がいいのは、実は香夏子だったのかと。
学歴という意味ではなく。
香夏子の広い視点からの行動によって、佳織も救われましたよね。

そして、トップ2の私立中の受験前、佳織が信一に言ったこと・・・。
「けっこう楽しかったね、受験勉強」
この一言で、信一も救われたような気がしました。

佳織は、トップ2の私立中に、見事合格することになります。
見事に、Happy Endになりましたよ♪
最終回は、ふり幅が大きくてドキドキさせられましたね。

そして、作家になった信一のイベントで・・・。
佳織は、こんなことを言うのです。

----------------------------------------------------------------------
勉強は世界が変わります。
思いっ切り変わります。
見たことのない世界になります。
頑張るだけじゃなくて、辿り着いてください。
----------------------------------------------------------------------

頑張ったし、辿り着いた人が言える言葉ですね。
アビット新白岡校の子どもにも聞かせたいです。

1校しか受験しないといえば・・・。
埼玉県公立高校入試(学力検査は、3月上旬)です。
公立高校は、1校しか選べません。

ここで不合格になるパターンは、大きく2つあると思っています。

● 偏差値が届いていると安心し、1月、2月の勉強に身が入らなかったから
● 合格すると思い込み、自分の学力よりも上を受験してしまうから

信一は、2つ目のパターンです。
しかも、私立中は日程が違えば何校も受験できるのに・・・。

2つ目のパターンは、本人に何度言っても頑(かたく)ななんですよね。
「自分だけは、なんとかなる」と思っているような・・・。
これって、不合格になってみないと、わからないようなのです。

もちろん、私の意見が100%当たるわけではありませんが・・・。
やはり、データと経験から、なかなか当たってしまうのです★

受験でも、仕事でも、何でもそうなのかもしれませんが・・・。
「自分を知る」ということが、最も大切なことなのかなあと。
あらためて『下剋上受験』から学んだことでした☆

----------------------------------------------------------------------

下剋上受験[文庫版] ―両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!
桜井信一
産経新聞出版

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『下剋上受験』から学ぶ(1) | トップ | アビット新白岡校の土曜復習... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。