ブログ・アビット

埼玉県新白岡の学習塾、アビット新白岡校の日常と教室長の日常をお送りします。

『絶対に消えない「やる気」の起こし方』レポ(1)

2017-05-19 | 勉強に役立つ書籍

◆◇◆『絶対に消えない「やる気」の起こし方』浮世満理子〔うきよ・まりこ〕著(実業之日本社)◆◇◆

いい結果へたどり着く「やる気」のテクニックで人生が変わる!

はじめは、私が共感した、もしくは紹介したい内容の要約です。
次にアビット新白岡校からの補足となります。

---------------------------------------------------------------------
毎日お風呂には入れるけど、エクササイズができない理由

私たちは、毎日ジムに行けなくても、お風呂には入れる。
ストレッチやエクササイズはできなくても、歯は磨ける。
この違いは、「習慣」になっているか、いないか。

習慣とは、繰り返すこと。
やらないと気持ち悪くなってしまうもの。
習慣とは、無意識の領域まで入った行動のこと。

何か始めるときは、「意識」しないとできない。
でも、ダイエットや英会話なども・・・。
無意識でできるほどの「習慣」になってしまえば、苦もなく続けられる。

だから、ダイエットや英会話の勉強を続けることに・・・。
意志の強さ、根性、気合などは必要ない。
---------------------------------------------------------------------

今、「習慣」といわれて強いのが、スマホではないでしょうか。
大人でも、歩きながらスマホをいじっている姿をよく目にします。
スマホが習慣になっていて、離れられないのでしょうか。

大人でもそうなのに・・・。
まだ自己コントロール力のない子どもなら、どうなるか?
大人以上に、スマホが習慣になってしまうかもしれません★

スマホには、友だちとつながる機能、テレビ、マンガ、ゲーム、インターネット・・・。
子どもがハマってしまう機能が集中しています。

ゲームだけの単品でも手強いのに、この多彩さです。
習慣で使っている子どもも多いでしょうね。

さて、子どもが・・・。

● 「もっと成績を上げたい」
● 「○○中学校、△△高校に合格したい」
● 「勉強ができない・・・」

これらの場合は、やはり学習塾を使うことが多いでしょうか。

毎週○曜日と△曜日は、塾に行くことを習慣化させたいですね。
習慣になれば、負担にならず続いていきます。

そこで成果が感じられると・・・。
「ああ、やっぱりやっていてよかったなあ。また行こう」
・・・と、やる気が出ます♪

実際に勉強を始めてみると、予想以上に大変かもしれません。
でも、塾で勉強している時間帯は、目移りするものはありません。

ある一定の時間が経ったら・・・。
もしくは、やるべきことが終わったら終了になります。

家にいるだけでは、塾で勉強したほどのことはできないかもしれません。
苦手の克服のためにも、ぜひ塾を有効に使ってほしいと思います。

ただし、スポーツジムのように・・・。
通ったときだけ、やればいいというわけではありません。
それだと、「その他大勢」から抜け出せない可能性が高いです。

勉強については・・・。
家庭学習とセットにして、よりよい成果を出していきましょう☆

「その日やるべきことを全てやって、何も後悔することがないっていう日を積み重ねられたら、試合でどういう結果になろうと、すごくすっきりしているの。例えば、腹筋千回って決めたら絶対やる。歯磨き、洗顔、腹筋千回って、生活に組み込んでしまえば、負担じゃないよ」
 (高橋尚子〔たかはし・なおこ〕 シドニー五輪女子マラソン金メダリスト)

・・・次回へ続く

---------------------------------------------------------------------

絶対に消えないやる気の起こし方
浮世 満理子
実業之日本社

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アビット新白岡校の土曜復習... | トップ | 『絶対に消えない「やる気」... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。