ブログ・アビット

埼玉県新白岡の学習塾、アビット新白岡校の日常と教室長の日常をお送りします。

『未来の自分をつくる勉強法』レポ(4)

2017-05-15 | 勉強に役立つ書籍

◆◇◆『未来の自分をつくる勉強法』池田潤〔いけだ・じゅん〕著(サンマーク出版)◆◇◆

勉強の本来の目的とは、自分が心から望む未来を実現すること!

はじめは、私が共感した、もしくは紹介したい内容の要約です。
次にアビット新白岡校からの補足となります。

---------------------------------------------------------------------
アウトプットすることで理解がさらに進む

アウトプットは、強制的に自分の頭の中を整理する行為だ。

インプットだけだと、分かったフリの状態になる。
本当は分かっていないのに、分かったつもりになる。
自覚症状がないので、改善のしようがない。

アウトプットして初めて、自分が理解していなかったことが分かる。
人にも説明できないことが自覚できる。

受験生でも、成績の上がらない子どもは大抵・・・。
「分かったフリ」「勉強したフリ」をしている。
分かっていないことを自覚するのは、試験本番のことがある。

そうならないためには、「演習」が必要だ。
初見の問題を解くと、「分からないことが分かる」体験ができる。

アウトプットすることは、自分が理解していなことに気づける。
それに気づいて勉強し直せば、より深く理解できるようになる。
---------------------------------------------------------------------

以前、保護者の方に、こんなことを言われたことがあります。
「(子どもが)ワークを勉強していても、できるようにならない」

こちらの対応の悪さもあるかと思います。
そして、本人の取り組みの悪さもあるでしょう。

それではできない子どもは・・・。
具体的に、どんな「取り組みの悪さ」があるのでしょうか?

私の経験上、3つあります。

ひとつ目は、覚えようとしていない、理解しようとしていない場合です。

一通り勉強はしたようですが・・・。
その内容を聞いてみると「覚えていない」「わかんない」など。

勉強は、ただ文字や数字を書いたという証拠だけが残り・・・。
中身がないものになっています。

2つ目は、わからないところを、そのままにしている場合です。

できない子どもは、間違えても「答えだけ」写して終わりです。
考え方や途中の式などは無視します。
だから、その間違えた問題は、いつまで経ってもできるようになりません★

たとえば算数・数学で、わからなければ・・・。
解答・解説を見て考えることです。
「なんで、こんな式になるのかな?」という感じで。

そこでわかれば、それは自分の努力です。
その部分だけ、学力が伸びたといえます。
それに多くの時間や、多くの労力を使うべきです。

解答・解説を見て考えてもわからなければ・・・。
塾へ来たときに質問すればいいのです。
「なんで、こんな式になるの?」という感じで。

受け身ではありますが、ひとまずできるようになり・・・。
学力が伸びたといえます。
考え方や途中の式は、間違え直しとして必ずノートに書きましょう。

考えない子どもは、自分は何がわからないのかもわかりません。

3つ目は、ワークの勉強だけで終わっている場合です。

そのままでは、本当に「できる」のか誰もわかりません。
学校の試験本番前に、アウトプットをする必要があります。
つまり、勉強した部分の確認テストをするわけです。

そこで、できないところが発見できます。
自分で覚え直す、考え直す、先生に教わるなどで・・・。
できなかったところをできるようにします。

日々それがあれば、学校の試験本番前にあわてることがなくなります。

学校のワークの答えを丸写しして、期限までに何とか提出していても・・・。
できない子どもの「取り組みの悪さ」が3つ入っていることがありますね。
これだと、できるようにはならないでしょう。

できる子どもは、以上の3つがないか少ないから、できるわけです。

せっかく時間を使って、何かしらはやっているのです。
できる子どもに近づいてほしいです☆

「大事なのは無駄な練習を省く一方で、必要な練習に体力と気力を集中させることです。実際にブルペンで何球投げているか、投手たちに記録させたら、月に300球前後でした。1日あたりわずか10球で、上達するわけがありません」
 (桑田真澄〔くわた・ますみ〕 野球解説者)

---------------------------------------------------------------------

未来の自分をつくる勉強法
池田 潤

サンマーク出版

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『未来の自分をつくる勉強法... | トップ | 小5算数 つるかめ算、2種類... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。