ブログ・アビット

埼玉県新白岡の学習塾、アビット新白岡校の日常と教室長の日常をお送りします。

小5算数 つるかめ算、2種類の解き方

2017-05-16 | 本日の授業

写真は、170513、小5算数の授業です。

この日は、小学算数、特殊算の勉強をしました。
「ソフト中学受験」での、偏差値【SS 50】前後を狙っての勉強となります。
小5で現在理解できる、6種類の特殊算を勉強しました。

6種類の中でも有名なのが、つるかめ算ですね。
私は、面積図で考えて解く方法で教えています。
「目で見てわかる」という状態に持っていきたいわけです。

そして、面積図は2種類あるのです。
2種類とも勉強して、いざ首都圏模試や中学入試で出題されたら・・・。
自分のやりやすい解き方で解いてもらえればと思います。

まず、写真の左の面積図を見てください。

横に並んで書くのが、かめとつるです。
この2つの数はわからないので、長さは同じでかまいません。
合計の「頭8」も書きます。

縦に書くのは、それぞれの足の本数です。
左側が、足の数の多いほうと決めてしまいましょう。
この2つの数はわかっているので、多いほうの長さは倍にします。

左側が、かめの足の数の面積。
右側が、つるの足の数の面積。
合わせた足の数の面積が、26(本)となりますよ。

㋐の面積の部分に注目です。
かめが何匹いるかわからないので、横は「□」としています。
縦は、足4本と足2本の差である「足2本」も書き込みます。

ここで、㋐の面積を求めます。

全体の面積は、26です。
そこから、下半分にある面積を引けばいいのです。
下半分の面積は、「足2本×頭8=足16本」です。

㋐の面積は?

→ 26-2×8
 =26-16
 =10

㋐の面積は、10(本)となります。

これが出ると、かめが何匹いるかわかります。
縦は2(本)、横は□(匹)と書いてあります。
「□の式」を解けばいいのです。

→ 2×□=10
    □=10÷2
    □=5(匹)

まず、かめは5匹と出ました。

つるは、頭8から、かめの5匹を引けばいいのです。

→ 8-5=3(羽)

答えは、「つる3羽、かめ5匹」です。

↑確認してみてくださいね。

次に、写真の右の面積図を見てください。

横に並んで書くのが、かめとつるです。
この2つの数はわからないので、長さは同じでかまいません。
合計の「頭8」も書きます。

縦に書くのは、それぞれの足の本数です。
左側が、足の数の多いほうと決めてしまいましょう。
この2つの数はわかっているので、多いほうの長さは倍にします。

左側が、かめの足の数の面積。
右側が、つるの足の数の面積。
合わせた足の数の面積が、26(本)となりますよ。

そのあとは、面積のない(かけている)部分を考えます。
ない部分は、点々で作図します。
そして、その面積を㋐とします。

㋐の面積の部分に注目です。
つるが何羽いるかわからないので、横は「□」としています。
縦は、足4本と足2本の差である「足2本」も書き込みます。

「あると思って」の全体の面積は、「足4本×頭8=足32本」です。
でも、本当の足の面積は26でしたよね。
だから、「あると思って」面積から本当の面積を引くと㋐になります。

㋐の面積は?

→ 4×8-26
 =32-26
 =6

㋐の面積は、6(本)となります。

これが出ると、つるが何羽いるかわかります。
縦は2(本)、横は□(匹)と書いてあります。
「□の式」を解けばいいのです。

→ 2×□=6
    □=6÷2
    □=3(羽)

まず、つるは3羽と出ました。

かめは、頭8から、つるの3羽を引けばいいのです。

→ 8-3=5(匹)

答えは、「つる3羽、かめ5匹」です。

↑確認してみてくださいね。

さて、これを見てくれたあなたは、どちらが解きやすいですか?
この日、授業に来た子どもは、2つめのやり方と言っていましたね。
まあ、何にしても何回か練習して慣れることでしょう。

ところで、TVアニメ『ドラゴンボール超(スーパー)』、毎週見ています♪

『ドラゴンボール超』の公式HPは、↓をクリック。
http://www.toei-anim.co.jp/tv/dragon_s/

170507は、宇宙の存続と消滅をかけた、宇宙武道大会の話です。
各宇宙で10人の戦士を選んで、戦うことになります。
孫悟空が、第7宇宙(地球含む)最強の戦士10人をかき集めていますよね。

負けたら、第7宇宙、そして地球は消滅するのに・・・。
悟空は、やたらとのんきです★

170507の話では、久しぶりに亀仙人も活躍していましたね。
そして、こちらも久しぶりに天津飯〔てんしんはん〕が登場。
天津飯は、自分の道場を持って、そこの師範になっていました。

天津飯といえば、師匠は鶴仙人でした。
たしか、亀仙人と鶴仙人はライバル同士だったはずです。
そして、その弟子である孫悟空と天津飯もライバル関係でしたね。

そんなわけで、「つるかめ算」を勉強していると・・・。
ちょうど登場していた亀仙人、そして鶴仙人を思い出しました。
・・・まあ、それだけの話なのですが★

『ドラゴンボール超』は、「未来トランクス編」が最高に面白かったです♪
悟空ブラックと界王神ザマスのタッグは、悪くて強かったですね~。
こんなシリアスな『ドラゴンボール』は、久々でした。

宇宙武道大会は、「力の大会」という名前です。
どうやら、10対10のバトルロイヤル形式で戦うようです。
人造人間17号と人造人間18号のタッグ戦法が炸裂するか?

今回の「宇宙サバイバル編」も楽しみです☆

----------------------------------------------------------------------

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『未来の自分をつくる勉強法... | トップ | アビット新白岡校の告知パネ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。