ブログ・アビット

埼玉県新白岡の学習塾、アビット新白岡校の日常と教室長の日常をお送りします。

味スタ「a-nation stadium fes. 2016」レポ(2)

2016-10-13 | 教室長の趣味

写真は、東京・味の素スタジアムです。

160828、味の素スタジアム、「a-nation stadium fes. 2016」に参戦しました。

「15周年のa-nation(エイネ)」とありましたね。
私は、おそらく14回(14年)くらいは参戦していると思います。
毎年、イチバン楽しみにしているコンサートです♪

「a-nation stadium fes. 2016」プロのレポは、↓をクリック。
http://109news.jp/event/20160829/69997/?detail

160828、東京2daysファイナル、記憶に残った4組の歌手を紹介します。
私は、4組とも、個々のコンサートにも参戦したことがあります。
それくらい好きな歌手が一度に観られるのも嬉しいですね♪

まず、Acid Black Cherry(ABC)です。

Acid Black Cherryの公式HPは、↓をクリック。
http://www.acidblackcherry.com/

Vo.のyasuは、エイネに出演するたびに・・・。
毎回「アウェー感がある」と言い続けてきた気がします。
ロック色の強いABCは、エイネの中では異質です。

さらに異質なのが、ABCファンの姿ですね。
ABCファンが、ヘッドバンキング(ヘドバン)をし始めると・・・。
他の観客がザワつくという★

でも2016年は、ハッキリと変化が見えました。
明らかに、エイネの会場にABCファンが増えていましたね。
それは、黒を基調としたABCグッズを持っていることでわかります。

アリーナ席を見ていても、「半分弱がABCファン?」という感じ。
ABCグッズのファンが、手を上げて歓声を上げているので・・・。
きっと、実際よりも多く見えるのでしょう。

yasuも、「ホームと言っていいんじゃないかな」と嬉しそう。
2016年で、たしかにホームになった感じがありました。

ヘドバン以外にも、「折りたたみ」というものがあるのですね。
テンポが遅くなったときに、上体を前後に揺すります。
これも一体感ありました。

私は、1曲目、「Black Cherry」が聴けてよかったです。

「Black Cherry」は、↓をクリック。
https://www.youtube.com/watch?v=frA5XNOhkkU

次に、倖田來未です。

倖田來未の公式HPは、↓をクリック。
http://rhythmzone.net/koda/

2105年は、倖田來未のエイネ出演はありませんでした。
いないと寂しいものです★

倖田來未も、もちろん特徴があるのです。
品がない感じがありますが、ライブの迫力はありますね。
もちろん、「品がない感じ」も個性になります。

久しぶりに観ると、やはり歌唱やダンスに迫力がありました。

「WON'T BE LONG」と「め組のひと」のカバー曲は・・・。
アラフォー以上(?)の観客には有名な歌で、嬉しいですね♪

ラストは、タオルを振り回す「Poppin'love cocktail」
夏に合うこの歌を聴くと、エイネに来たな~という気分になります。

「Poppin'love cocktail」は、↓をクリック。
https://www.youtube.com/watch?v=N9Tho6lQeAs

・・・次回、TRFと浜崎あゆみでラスト。

↑写真は、味の素スタジアムです。

----------------------------------------------------------------------

L-エル- (CD+DVD) (Project『Shangri-la』LIVE 盤)
クリエーター情報なし

motorod

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 味スタ「a-nation stadium fe... | トップ | 味スタ「a-nation stadium fe... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。