ブログ・アビット

埼玉県新白岡の学習塾、アビット新白岡校の日常と教室長の日常をお送りします。

『幸せになれる 1分セラピー』レポ(2)

2017-06-19 | 勉強に役立つ書籍

◆◇◆『幸せになれる 1分セラピー』奥田弘美〔おくだ・ひろみ〕著(中経出版)◆◇◆

「考え方を転換」できたとき、幸せへの変化は確実に訪れる!

はじめは、私が共感した、もしくは紹介したい内容の要約です。
次にアビット新白岡校からの補足となります。

---------------------------------------------------------------------
100時間考えるより、たった一歩の行動が人生を変える

「百聞は一見にしかず」には、続きがある。
「百見は一考にしかず 百考は一行にしかず」。

考えたり想像したりしているだけでは、何も変わらない。
とにかく「行動」してみるべきだ。

無理に大きく動かなくても、ボクシングのジャブでいい。
続けていれば、周囲の何かに作用するだろう。

小さな行動は、次の行動を呼ぶ。
波紋のように次々と変化が起こってくだろう。

100回考えるより、まずは一歩踏み出してみること。
それをきっかけに、新しい世界が広がるかもしれない。
---------------------------------------------------------------------

初めて会う保護者から・・・。
「(子どもは)勉強のやり方がわかっていない」と聞くことがあります。
勉強ができない子どもの保護者から聞くことが多いような気がします。

もちろん、その言葉に嘘はありません。
正しい、効率的な、効果のある「勉強のやり方」・・・。
それがわからないのでしょう。

でも、もうひとつ事実があることが多いです。
それは、「そもそも勉強をしていない」ということです★

勉強は、どんなやり方でもすることができます。
そして、勉強しさえすれば、何らかの変化はあるはずです。
子どもによって、かかる時間は違うにせよ。

でも、していない。
もしくは、何らかの変化があるくらいはしていない。
そこで、勉強のできないことを正当化します。

それが、「勉強のやり方がわからない」です。

もし、泳げない子どもが川に落ちてしまったら、どうするでしょうか?
おそらく泳げないまでも・・・。
必死にもがいて、足の立つところまで移動しようとするでしょう。

そこで、「泳ぎ方がわからない」とは言わないはずです。
溺れているときにそんなことを言っていても、沈むだけですから・・・。

学校のワークすら勉強せず、提出せず・・・。
定期テストでは、20点か30点しか取れていないことはありませんか?

この場合、「勉強のやり方」などと考えずに・・・。
まずワークを解く、○×をつける、解答・解説を見て直すこと。
そして、そこにあるものを覚えること。

考える前に、そのように行動してみるべきです。
どんなやり方でもかまいません。
人を頼らなくても、何かしらの変化を起こせるはずです。

まずは、一歩を踏み出しましょう☆

「この道を行けばどうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし 踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる 迷わず行けよ 行けばわかるさ」
 (アントニオ猪木〔あんとにお・いのき〕 日本の元プロレスラー、政治家、実業家)

・・・次回へ続く。

---------------------------------------------------------------------

幸せになれる1分セラピー
奥田 弘美
中経出版

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『幸せになれる 1分セラピー... | トップ | 『幸せになれる 1分セラピー... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

勉強に役立つ書籍」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。