ブログ・アビット

埼玉県新白岡の学習塾、アビット新白岡校の日常と教室長の日常をお送りします。

昌平中学校(中高一貫部) 入試説明会レポ

2015-06-24 | 埼玉県 私立高校・中学説明会レポート

最寄り駅は、JR久喜駅、東武日光線・杉戸高野台駅、東武伊勢崎線・和戸駅。

久喜駅から、自転車15分、直通バス10分。
杉戸高野台駅から、徒歩15分、直通バス5分。
和戸駅から、自転車8分。

昌平中学校(中高一貫部)のHPは↓をクリック。
http://www.shohei.sugito.saitama.jp/jrhighschool/

150617 昌平中学校(中高一貫部) 入試説明会

3つのオトク情報

● 平成27年度、中学入試の結果について。6期生の入試。受験者数230名、合格者数156名、不合格者数74名、入学者数45名。合格最低点(4科・300点満点、2科200点満点)は、第1回一般(4科)127点、第1回一般(2科)112点、第1回Tクラス(4科のみ)191点。第2回一般(4科)125点、第2回一般(2科)103点、第2回Tクラス(4科のみ)199点。第3回一般(4科)136点、第3回一般(2科)115点。第4回一般(4科)147点、第4回一般(2科)118点。第5回一般(4科)154点。第5回一般(2科)116点。

● 平成27年度、中学入試の新たな取り組みについて。Tクラスを新設した。東京大学、京都大学、医学部等の最難関大学進学を目指す。標準クラスは、国公立大学、難関大学進学を目指す。

● グローバル人材育成プログラムが本格始動。(1)IB(国際バカロレア)導入。プロジェクト学習とも言われ、授業手法はアクティブ・ラーニング。IBは、埼玉県の中学校で、初の候補校認定。(2)パワー・イングリッシュ・プロジェクト。全校生徒が英語を得意教科に。(3)国際交流活動の実践。カナダの姉妹校との交流や海外研修旅行。(4)SW(スペシャル・ウェンズデイ)。国際理解の教育。

一言:アクティブ・ラーニングの注意点を話していた。「日本人の強いところは、知識や地道な勉強。発言だけはするが、根拠がないのはよくない。興味があるところは深まるが、ないところは弱いまま」。学力によっては、その通りだと思う。

塾生の保護者の方へ。
学校の特色、基準偏差値、実際の合格者の偏差値、入学時にかかる費用、進学先ついては、保護者面談でお伝えします。

---------------------------------------------------------------------

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昌平高等学校 入試説明会レポ | トップ | 中1数学 方程式、立体の規則性 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。