ブログ・アビット

埼玉県新白岡の学習塾、アビット新白岡校の日常と教室長の日常をお送りします。

『こち亀』最終回&コミックス最終200巻(2)

2016-09-18 | 教室長の趣味

写真は、『週刊少年ジャンプ』と『こち亀』200巻です。

『こち亀』(『こちら葛飾区亀有公園前派出所』)が、ついに最終回です。
『こち亀』は、2016年で連載40周年でした☆

『こち亀』の公式HPは、↓をクリック。
http://www.j-kochikame.com/

160917、『週刊少年ジャンプ』と『こち亀』200巻を購入しました。

『ジャンプ』は、『こち亀』が最終回で、『こち亀』が表紙です。
『こち亀』200巻は、最終回が収録された最終巻です。

160915の新聞記事に、「連載終了の『こち亀』 40年続いたわけは?」がありました。

やはり、「時代に合わせて変化していける」という部分でしょうか。
『こち亀』主人公の両津勘吉〔りょうつ・かんきち〕、両さんは・・・。
強烈なキャラが設定されたうえで、常に自由に動いています。

両さんが自由に動けるマンガなので・・・。
その時代に合った、もしくは流行ったネタを盛り込めるわけです。
たとえば、ドローンが話題になれば、すぐに両さんが使います。

そんな感じで、常に今の時代を取り込んで・・・。
いつでも最新の内容になっていた気がします。
それが、40年続いた大きなわけだと思います。

作者の秋元治先生の、最初の設定が素晴らしかったということでしょう☆

それでいて、名物的な話も多数あります。

● 特殊刑事、他の警官の話
● ゲーム、フィギュア、プラモなどの趣味の話
● 下町人情的な話、両さんの子どもの頃の話
● 両さんが考えたこと、両さんが作った物が大ヒットする話
● 両さんが部長からの頼まれごとを失敗して、部長が恥をかく話

・・・たぶん、もっとありますよね。

私は、両さんのアイディアが大ヒットする話が好きですね。
オチは、大原部長が怒り狂って、武装して派出所に来て・・・。
「両津はどこだ?!」というのが好きです。

上の新聞記事には、「主な長寿連載漫画」が載っていました。

カッコの中は、連載開始年。
雑誌名は、主な掲載紙です。
160915時点のBEST 5を見てみましょう。

----------------------------------------------------------------------
1位 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』199巻(1976年)週刊少年ジャンプ

2位 『ゴルゴ13』182巻(1968年)ビッグコミック

3位 『ミナミの帝王』138巻(1992年)週刊漫画ゴラク

4位 『クッキングパパ』137巻(1985年)モーニング

5位 『はじめの一歩』114巻(1989年)週刊少年マガジン
----------------------------------------------------------------------

私は、その理由がわからなかったのですが・・・。
『こち亀』の近年のコミックスは、分厚くなっていましたよね。
これは、200巻ジャストで終了にしたかったからとのこと。

もし、通常通りに1巻あたり9~10話程度の収録だったら・・・。
220~230巻くらいまで、いっていたように思います。

私は、少しでも巻数が多いほうがよかったと思いますが・・・。
秋元先生は、そうは考えなかったようです。
「200巻で40周年、お祭りのようにしてからスッと消えたい」と。

さて、これだけ『こち亀』を話題に出しておいて・・・。
私は、『こち亀』を全巻持っているのか?
申し訳ないのですが、全巻はそろっていません★

社会人になって、ひとり暮らしになってからも買い続けていて・・・。
買った分は、実家にすべて置いてあります。
おそらく、1~169巻くらいまでは持っていますよ。

このあたりで買い逃して、それ以降は買い続けるのをあきらめたと。

『こち亀』は、終わるはずがないと思っているので。
まあ、いつか余裕が出て、広い部屋で、本棚がたくさんあったら・・・。
全巻そろえればいいかなと思っていました。

全巻そろえるつもりはあったので・・・。
『こち亀』コミックスのメモは、あったのです。

そのメモには、「170、171、172、173、174、175、176、177、178」とありました。
買ったら、「×」をつけていくつもりでしたね。
メモは、178巻で切れていましたが・・・。

でも、今になって後悔しています。
『こち亀』のコミックス、しっかり全巻買っておけばよかったなあと。
今後は、古本屋も含めて、全巻そろえていきたいと思います。

世の中が続いていて、秋元先生が存在する限り・・・。
『こち亀』に、ネタ切れはないと思っています。
秋元先生の気が向いたら、ぜひ復活させてほしいですね。

そのときは、タイトルは変えないで、そのままで。
そして、コミックスも201巻から続けてほしいです。

両さん、40年間、ひとまずお疲れさまでした☆

----------------------------------------------------------------------

こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 特装版 40周年記念 (ジャンプコミックス)
秋本 治
集英社

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『こち亀』最終回&コミック... | トップ | 中3理社 北辰テスト対策講座... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教室長の趣味」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。