ブログ・アビット

埼玉県新白岡の学習塾、アビット新白岡校の日常と教室長の日常をお送りします。

新日本プロレス、「オカダ vs オメガ」東京ドームから両国へ

2017-08-13 | 教室長の趣味

写真は、東京ドームです。

170104、東京ドーム、新日本プロレスに参戦しました。

新日本プロレス(新日)の公式HPは、↓をクリック。
http://www.njpw.co.jp/

イベントタイトルは、「WRESRLE KINGDOM 11 in 東京ドーム」。
日本のプロレス界、1年に1回、年間最大の興行です。
観客数は、26192人。

私が最も期待していたのはメインエベント、IWGPヘビー級選手権試合。
「オカダ・カズチカ(王者)vs ケニー・オメガ(挑戦者・G1優勝者)」
現時点の新日TOP 4のうちの2人です(他の2人は、内藤、棚橋)。

オカダは29歳。
ケニーは33歳。
2人とも若くて、バリバリに動ける選手です。

2人のメインは、近年なかった長時間の試合となりました。
60分1本勝負で、なんと、試合時間46分45秒!
最後は、オカダが必殺技「レインメーカー」で勝利。

↑写真は、東京ドーム壁面にある大会ロゴです。

過去には、試合時間が60分時間切れ引き分けという試合もありました。
たとえば、880808、IWGPヘビー級選手権試合「アントニオ猪木 vs 藤波辰爾」。
でも、寝技(足4の字固め)などで止まっていることも多いのです。

若いオカダとケニーは、ほとんど動き回って・・・。
しかも、危険な攻防も織り交ぜながらの45分越え。
疲労度としては、2017年のプロレスのほうが圧倒的に大きいです。

特に印象に残ったシーンが・・・場外に長机をセット。

リング内でオカダがケニーをショルダースルーで投げると・・・。
ケニーは、そのまま場外まで吹っ飛び、長机の上に落下、危ない!
長机は真っ二つ、ケニーも大ダメージ★

少しでも落下位置、落下角度がズレたら、さらに危険です。
こんな攻防は、昭和のプロレスにはありませんでしたね。

危険だからいいと言っているわけではありません。
昔のプロレスよりも、技や攻防が進化しているのです。

↑東京ドームに入場する観客の列です。

そして170611、新日本プロレス、大阪城ホール。
メインエベントは再び、IWGPヘビー級戦選手権試合「オカダ vs ケニー」。
大阪のファンにも、この闘いが披露されました。

あっという間に、新日の「切り札」的なカードになりましたね。

この日の試合は、東京ドームを上回る試合時間・・・。
60分1本勝負で、ついに、60分の時間切れ引き分け!
またもや、動き回りながらのフルタイム戦となりました。

ただし、選手のダメージの蓄積も心配です。
オカダは、「プロレスラーは超人なんだ!」と言い放ちましたが・・・。
ちょうど、宅急便事業などでも過剰労働が話題になっていたとき。

とにかく、若いときにしかできない貴重な試合を見せてもらいました。

↑東京ドーム、第1試合前の様子です。

さて、新日の「切り札」カードは、2017年で3回目となりました。
170812、両国国技館、『G1 CLIMAX 27』公式リーグ戦。
Bブロックの「オカダ vs ケニー」は、勝った方が優勝決定戦に進出です。

オカダは、真夏の長いリーグ戦の中、首を痛めたようです。
そこを遠慮なく狙っていくケニー。
場外でのリバース・フランケンシュタイナーは、特に強烈!

途中、ケニーは両掌を合わせて祈るような仕草から攻撃を・・・。
「もう、立ち上がってくるな!」と言いたいように見えました。
最後はケニーの必殺技「片翼の天使」で勝利。

ケニーは、シングルマッチ3回目にしてオカダに勝利しました。
30分1本勝負で、試合時間は、24分40秒。
これでも、シングルマッチの試合時間としては長いですよ。

プロレスは、負けてから始まり。
リベンジから、物語が始まっていくところがあります。
「オカダ vs ケニー」も、また組まれることがあるでしょうね。

この日の両国は、ケニーのマイクでしめましたよ。
「GOOD-BYE and GOOD-NIGHT!」

↑東京ドーム、選手が入場するときの様子です。

この記事は、170812、CS放送の『G1 CLIMAX 27』生中継・・・。
それを見た直後、興奮冷めやらぬまま書いていますよ。
3時間ほどの興行を丸ごと生放送してくれるのです、ありがたい☆

次の日の170813は、両国国技館3daysファイナル・・・。
『G1 CLIMAX 27』優勝決定戦、「内藤哲也 vs ケニー・オメガ」。
私は、満を持して会場に参戦します(新日は東京ドーム以来)。

この優勝決定戦のカードは、去年の『G1 CLIMAX 26』・・・。
公式リーグ戦のBESTマッチでした。
私はCS放送で見ていましたが、本当にすごい試合でした。

ケニーが、2年連続で『G1 CLIMAX』を制覇するのか。
内藤が「制御不能男」になってから、初めて『G1 CLIMAX』を制覇するのか。
私の予想は内藤が勝利、内藤の決めゼリフを両国で大合唱です☆

----------------------------------------------------------------------

レッスルキングダム11 2017.1.4 TOKYO DOME [DVD]
クリエーター情報なし
TCエンタテインメント

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『いますぐ成功しろ! 50の... | トップ | 『いますぐ成功しろ! 50の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教室長の趣味」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。