katydid's blog

ハネナガキリギリスが住んでいるところに生息しています。

出会うべくして

2017-08-09 22:42:52 | 2017
♂君は故郷に帰しました。

きっと根っからの自然児なのでしょう。

このままいると死の危険を毎日経験することになり可哀想です。

遭遇した場所にほど近い、仲間が鳴いているハマナスの群生に帰したので

あとは運次第でしょう。僕の思いにも沿う結果ですので僕自身も納得できました。

その帰りなのですが、実は国道沿いのサブルートから♂君の良い音色が聴こえまして

あら これは間違いなくモテモテの背翅の持ち主だわ(゜o゜)

車を止めて見てみるとやはり盾の形をした背翅!

ちょっと家に来てくれる?みたいな流れで連れてきました。

夢中だったので気づかなかったのですが

右後ろ脚が1/3ない。

最終脱皮で何かあったか

でーもっ 君の住むところはすべて木製なので大丈夫!イェ━━━━━ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ━━━━━━イ!!



それとここからの話しは一部 ”うええ”と思われるかも知れませんが

背翅が?まだらになっているけれど、こんなの見たこ…ダニの卵じゃん(*_*;)!

怖がるだろうけどプチプチで彼を囲んでピンセットで取り除くと出るわ出るわ

10個以上あって、卵はビニールで3重包みにして捨てました。

荒療治でしたがそれ程恨まれてはいなかったようで スッキリしたのかな?

人参と巨峰とミルワームをあげたらすんごい食べる。

これを見ていて安堵と彼の辛さへの思いが入り交じり、とても複雑な心境になりました。

跳べて15センチくらい、危険があったら遅くても走るしかない

獲物を捕らえるのも困難、これでは仲間の縄張りに入っただけでも食べられてしまう。

食欲からして尋常ではなかったのでギリギリで命をつないでいたのでしょう。

それを思うと何だか…。

♀さんと会わせてみると面白いですねえ、♀さんが後ろをじっとりとついていくんです。



流石盾背翅。その日に交尾しました。



君も子孫を残せるさ

ここにいたら少なからず平穏に暮らせる

ハンデは僕の家なら埋められる

まるで運命のような出会いじゃないか

ようこそ我が家へ

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕と♂君と♀さん | トップ | 「危険なく健全に」を実践す... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。