ニシヘルマンリクガメ & アルダブラゾウガメ

ニシヘルマンリクガメの繁殖日記&アルダブラゾウガメ、ビルマ・インドホシガメ、アカミミガメ、うさぎ、極小ヨーキー

5月5日 チチュウカイ属成体の完全屋外飼育を完了

2017年05月11日 | ニシヘルマンリクガメ


4月25日から徐々に、チチュウカイ属の完全屋外飼育へと切り替え、

5月5日 健康に問題のないと思われる成体の完全屋外飼育を完了しました。


屋内から屋外飼育への切り替え時期は、気候などの諸条件により毎年違います。

目安としては、他の方々が飼育されているチチュウカイ属の亀たちが冬眠明け後、

少し経ってからになります。


体重測定などの健康チェック、抱卵などの確認をして、これなら大丈夫! という思いで、

完全屋外飼育へと切り替えます。 その後も毎日 食欲などの確認をし、

現在はやっと落ち着いて、見守りができる状態になりました。


というわけで、ヒガシヘルマンリクガメとニシヘルマンリクガメの成体は、

広い屋外ケージ内でのびのび、いつでも日光浴を楽しめる生活を送っています。


インドホシガメとビルマホシガメは、日光浴はさせますが、完全屋外飼育はまだ先になります。



画像は、チビアルダゾウガメのジョアン(♀)の餌を、ニシヘルマンリクガメの野良亀・ジョージ(♂)が、

横取りをして黙々と食べている様子です。

こんなに小さくても、ジョージのほうが強いのです。

にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後のポロリ産み落とし? | トップ | ニシヘルマンリクガメの孫亀... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニシヘルマンリクガメ」カテゴリの最新記事