右往左往の乳がんの日々

2012年7月乳がん告知。怒涛の術前化学療法・手術・放射線のフルコース治療終了。それでも、小さなことで揺らぎます~

ブログでの情報発信

2017-08-09 19:13:13 | 日記


看護学部のアンケート調査に協力しました。
詳細については控えますが、
脱毛についてでした。
もう五年近く前のことなので、どうも記憶あやふや。

私のことを言えば、
病院からのアドバイスより、
乳がんブログの皆さんからの情報が、
より最新で、かつ細かく、参考になったことを覚えている。
すべてが当てはまるわけでなかったが、
納得することが多かった。
事前に知っておくことで、
心構えが十分にできたし、
経験者の言葉は力強い。
そう思うと、それぞれの立場からの
ブログでの情報発信は貴重だと思う。


患者さんたちがどのように感じているか、
そして、どのようなことを期待しているのか、
病院スタッフさんたちが、
それぞれの意見や要望を集めて、
これからのサポートをより充実していってくれることを、
期待したいところです。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村
人気ブログランキングへ

↑応援のクリックよろしくね
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そろそろ・・・ | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
経験者の言葉 (桃杏)
2017-08-10 12:11:56
こんにちは。

私も病院からの説明よりも、ブロガーさんからの情報のほうが参考になった気がします。
医学的なことは主治医たちの言葉に勝るものはないと思っていましたが、
治療の細かい日数や時間、どのような心構えでいればいいかなどは、
経験者の体験を参考にしていました。

その経験があるから、私は今もダラダラとブログを続けているのかも知れません。

病院の人たちも、きめ細かいサポートをしようと情報を集めるなど積極的に勉強し始めている様子なので、
今後、もっと患者に寄り添った医療が進んでいくんでしょうね。
ありがたいものですね (Katy)
2017-08-10 19:58:06
それぞれのブロガーさんたちが現状をそのまま語り、それについての悩みや思いが、
自分と共通だったりすると、より身近に感じたりもしました。
いろいろトラブルがあったり、意見の違いがあったりするかもしれないけど、
自分の経験がほかの人たちのためになれば、これほどうれしいことはないですね。
これは自分が受けた恩恵へのおすそわけですね。



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。