アルコール依存症になって

20代〜アルコール依存症〜

記憶がない恐怖

2016-09-15 22:09:43 | アルコール依存症
記憶がない自分に「ただ酔っ払ったから」が
通用しないように思えた

もし誰かを傷つけたら?
昼間からふらふらしてるのを近所の人に見られ恥ずかしくないのか?

ちゃんと服を着て外に出ただろうか。

この無数の痣は何でこうなったか。
痣を見ると酷い内出血だらけだ

相当痛かっただろう
けれど、一つもどうしてこうなったか覚えてない

素面になり恐ろしくなる


旦那と住むアパートの食器棚は大きな穴が空いていた

小さな庭には貯金箱を投げてる

何日も風呂も入らず下着を汚した

素面になり離脱症状に耐えながら片付ける
自分がしたことに、一つも記憶がないことに
自分が人間ではない気がした
「動物じゃないか、こんな生活」

声を殺して泣けたらとどんなに楽だろうかと
どんなに人間らしいかと思えた

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分が怖い | トップ | アル中夫婦 »

コメントを投稿

アルコール依存症」カテゴリの最新記事