和子の記録 フォト&俳句

長い間ネイチャーフォトを楽しんで来ましたが最近これに俳句の趣味が加わりました。まだ不慣れですがブログに載せていきます。

奥志賀高原から丸池へ

2016-10-31 08:00:12 | 日記

奥志賀高原にて 1

奥志賀高原にて 2

奥志賀高原にて 3

カヤノ平にて

霧流れて

丸池にて

朝食もそこそこに最初に行ったのは昨日夕方にも訪ねた奥志賀高原でした。夜来の雨もあがって水を吸った木々は生き生きしていました。白樺やダケカンバの葉は例年のように黄色くなれず枯れ葉が目立ちましたがそれでも数人のカメラマンに出会いました。ひときわ目立ち真っ赤な色をしているはずのヤマブドウの葉も残念ながら茶枯れていました。そんな中で足下のツタ紅葉が綺麗でしたのでそれを中心に撮影しました。


この辺り幽かに霧の音聞こゆ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 志賀高原池巡り | トップ | 信州なかの一本木公園バラ園にて »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
和子さんへ (温泉ドラえもん)
2016-10-31 08:07:06
 初めてコメントさせていただきます。
長野方面の温泉には何度も行きましたが、紅葉露天風呂は最高ですね。
 志賀高原から秋山郷へ行くと、さらに紅葉が進んでいるでしょうねえ。
 
奥志賀高原 (しんしん)
2016-10-31 09:14:36
和子さん、お早うございます、晴れてきましたね、
雨上がりの高原、白樺の木立も爽やか、牛たちは食後の休息でしたか、
高原の爽やかな風情を垣間見せていただきました、、
ありがとうございました、
Unknown (カズノコ)
2016-10-31 09:59:49
足下のツタの紅葉、幹の白さに映えて見事ですね!
紅葉 (ミント)
2016-10-31 18:48:59
今晩は 和子さん

白い幹に、赤いツタ紅葉が映えて綺麗ですね

紅葉だより有難うございました 
温泉がお好きなんですね (和子)
2016-10-31 20:44:41
温泉ドラえもんさん

紅葉の露天風呂に入ってのんびりされたら最高でしょうね。この五月に秋山郷の上野原温泉、のよさの里という所で一泊しました。其処には露天風呂があり目の前に鳥甲山が見えました。昨年は秋のツアー旅行で栗駒山の須川温泉でやはり露天風呂に入り紅葉と遙かに鳥海山を望める湯にのんびり入ることが出来ました。
温泉は心身共に暖めてくれますね。
初めてのコメント有り難うございました。

雨上がりの高原は良かったです (和子)
2016-10-31 20:52:29
しんしんさん

青空こそ望めなかったものの雨上がりの木々は素敵で、霧も時々流れては消えたりと変化がありました。撮影地では無い物ねだりをせずに現状を生かす努力が必要と身にしみて感じた志賀高原の旅でした。
コメント有り難うございました。
ツタ紅葉 (和子)
2016-10-31 21:02:06
カズノコさん

奥志賀高原には前日夕方にそして翌朝にと2回行きました。このツタ紅葉に雨が降ってくれたらいいのにと願っていたら実現して翌朝は嬉しい撮影が出来ました。白樺の木とツタうるしの相性も良かったです。
コメント有り難うございました。
広角ねらい (和子)
2016-10-31 21:18:53
ミントさん

白樺の根元と赤いツタウルシは今回の撮影旅行で一番気に入った被写体でした。
17ミリの広角でねらっていましたので、その付近で撮影している人が皆入ってしまい待つこと辛抱一時間でしたが撮れました。
コメント有り難うございました。
ご無沙汰しています (s.s)
2016-11-01 20:13:53
栂池、尾瀬、谷川岳、と忙しく出掛けている間に、赤毛のアンシリーズ物語を分かり易く載せてくれました。それから21世記の森から志賀高原まで来てしまいましたね。ナナカマドの実と葉がとても綺麗です。あと白樺にまとわり付いたツタやカエデの色が鮮やかです。
秋になって撮影が忙しくなりましたね (和子)
2016-11-03 09:23:32
S.Sさん

急に寒くなりましたね。暫くぶりのお便り有り難うございます。志賀高原の山々の紅葉はいまいちでしたが足下のツタが綺麗でした。昨日は鎌倉33観音巡りで12ケ寺をお参りし25000歩と疲れました。
コメント有り難うございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。