和子の記録 フォト&俳句

長い間ネイチャーフォトを楽しんで来ましたが最近これに俳句の趣味が加わりました。まだ不慣れですがブログに載せていきます。

横浜にある「宮川香山真葛焼きミュージアム」に行ってきました

2017-02-24 08:00:01 | 日記


















先日「幻の焼き物」と言われる香山美術館に行ってきました。横浜駅東口からそごうデパートを見ながら横浜ベイクォターを通りぬけ歩いて10分ほどで目指す真葛ミュージアムに着きました。宮川香山は京都の陶工の家に生まれ、横浜に居を移してから陶磁器 真葛焼、を制作しました。輸出された作品は評判を呼び、特にフィラデルフィア万国博覧会に出品されたことで彼の名前は世界中に知れ渡ったそうです。ほとんどの作品が輸出されたため国内に残っている作品は数少ないとのこと。幻の焼き物と言われる所以です。叔母が持っている宮川香山の壺を以前見せて貰ってから興味を持ち、一度横浜の美術館も訪ねたいと思いながら果たせずにいました。二代目、三代目に受け継がれた窯も1945年の(昭和20年)横浜大空襲で壊滅的な被害を受けて閉窯したそうです。

天命を永久に語らふ春日かな

開館日   土曜日 日曜日のみ
開館時間  10:00~16:00 
入館料   大人¥500
電話番号  045-534-6853
場所    ヨコハマポートサイド ロア参番館
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新宿御苑に春を探して | トップ | 松戸市 戸定邸の雛祭り »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (グライセン)
2017-02-24 08:36:37
おはようございます。
素晴らしい焼き物ですね。
見て見たい。
宮川香山美術館 (しんしん)
2017-02-24 09:48:48
和子さん、素晴らしい焼き物ですね、
焼き物と彫り物の合作の様な、それに素晴らしい彫り物と色彩を融合させた物を、、始めて見ました、
美術館では撮影禁止の所が多いですが、此処では、撮影が出来るのですか、お陰様で見せて頂けて良かったです、
ありがとう御座いました、、
是非見にいらしてください (和子)
2017-02-24 17:21:17
グライセンさん

伊勢原からでしたら横浜は遠くないと思いますので行ってみて下さい。上野の国立博物館にも2点常設展で見れます。神奈川県立博物館でも数点見れますが宮川香山博物館は沢山揃えてあり素晴らしいです。
コメント有り難うございました。
焼き物と掘り物の合作 (和子)
2017-02-24 17:34:24
しんしんさん

見る物を圧倒させる作品の数々でした。
香山初期の作品は横浜の港に着く船でやってきた外国人が昔宿泊ホテルに行く前に、まず一番先に訪ねたのが真葛焼きのお店だったそうですよ。沢山買いあさっていったのでしょうね。
その後日本で個人の方が買い集めた所蔵品を展覧会で見せてくれているようです。作品は撮影禁止なのでネットで見せてくれているのを写真に撮り載せています。
コメント有り難うございました。
Unknown (カズノコ)
2017-02-27 11:44:58
真葛焼きの銘品の数々、見るからにすごいものばかりですね!
今回、教えて頂いて、はじめて知りました。ありがとうございます。

真葛焼きのこと (和子)
2017-02-27 20:44:13
カズノコさん

今90歳になる叔母から教わるまで私もその焼き物のことは知りませんでした。叔母がフェリス女学院で仲良しだった同級生のお友達が真葛焼きの三代目のお嬢さんだったとか。お互いの家を行き来し夏になると泊まったりした思い出があり、悲しいことに横浜空襲で家族全員が亡くなられてねとしんみり真葛焼きを見ながら語ってくれました。それを聞いてから親しみをいっそう感じて今回沢山の展示物を見れて良かったです。
宮川香山の初期の作品は立体的な造形美で外国から人気が出て、後期の作品は磁器の独特の透き通った色彩の焼き物が見られます。横浜に行らっしゃることがありますれば是非寄ってみてください。素晴らしいです。
コメント有り難うございました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。