アモーレ・カンターレ・マンジャーレ

自称イタリア人のオヤジが、好きなサッカーやらグルメやら、何でも不定期に気まぐれに書き綴るサイトです。

愛甲猛の告白本の中身がすごい?

2012-09-07 06:00:04 | つれづれ
高校野球といえば、清く正しく美しく・・・というタテマエの下、しごきや喫煙といったダーティなものがあったり、プロまがいの実態で、授業などほとんどやっていないところがあったりする・・・というのが小生の認識だった。


 そうした野球界の実態を、元プロ野球選手にして、甲子園の優勝投手の愛甲猛が告白する形で書いた衝撃作、「球界の野良犬」の中身がすごいという。
 愛甲といえば、横浜高校一年の夏に投手として甲子園に出場。そして三年の夏には再び登場して優勝投手となった選手。

 三年の夏、県大会を勝ち抜いた後、インタビューで「甲子園で優勝するためにやってきた」と言い切ったのが印象的で、当時は女性ファンの人気もすごかった。
 もっとも、当時からそりこみとか眉毛のカットとか、いかにも・・・な雰囲気は漂っていたが・・・(汗)

 今の写真を見ても、なかなかの迫力であり、当時からの気合は残っているかも。もっとも、今の甲子園球児あたりでも、なかなか迫力ある輩も多い。
 紹介された記事によれば、高校時代のイジメの世界とか、他校との試合でツッパリまくったこととか出ているが、一番すごかったのが、甲子園で優勝した後のくだり。



 「優勝パレードの翌日にスナックで酒を飲んでたら、知り合いの社長が来て、一緒に堀之内のソープに行った。あの時は待合室にお姉さんたちが集まって、サイン会になった」

 ウハハハ・・・人気抜群だった愛甲ならではだが、大昔とはいえすごい世界だ。だが、当時は「公然の秘密」みたいなところがあったはず。
 今では、やましいことしていなくても、Twitterあたりに「愛甲が、今コンビニでラーメン買っているなう」とか書かれるし、有名人にプライバシーはないという感じだ。

 あ、高校生で飲酒するのはやましいか・・・(苦笑)
 高校生はともかく、六大学野球でも早稲田にいた岡田は朝まで飲んでいて、その足で神宮に行ってホームランを打ったとか、当時はそんな荒っぽい時代だったのは事実。逆に言うと、そんなことができるのは野球だからか・・・サッカーだと二日酔いでは無理だろう。

 とはいえ、レベルは違うが小生も、先輩に突然道端の水溜りに正座を命ぜられ、稽古をさせられたりとか、電車の中で稽古をさせられたりとか、いろいろあったなあ。
 それはそれで、今となれば懐かしい思い出となっているのも事実。今やったら・・・きっと問題になってしまうんだろうなあ(←遠い目)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もうappleは中国でiPhoneを売る... | トップ | SOFTBANK 本日よりボス電発売! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。