アモーレ・カンターレ・マンジャーレ

自称イタリア人のオヤジが、好きなサッカーやらグルメやら、何でも不定期に気まぐれに書き綴るサイトです。

失言消えないネット社会、失言スルーの政界

2016-10-19 10:37:58 | つれづれ
10月1 9日のあさイチでは、ネットの炎上が取りあげられていた。昨今、ちょっとしたことやら、不用意な失言がもとで炎上することは枚挙にいとまがない。

 あさイチでは熊本地震のときの井上晴美の炎上の件も取り上げられていたが、小生のブログでも過去、不謹慎自警団をやめようぜとしてこんな記事をあげたことかある
 比較的言いたいことを書いているこのブログが、今まで炎上したことがないのは、たまたま読者が少ないからであろう。

 こちらの記事にもあるように、軽い気持ちで言ったことがもとで、あびる優は実質芸能界から干されてしまったし、長谷川アナは命の危険まで感じる状況とか。
 長谷川氏の場合は、さすがにちょっとそこまで・・・と言ったことが元なので、ある程度やむなしだが、それにしても命の危険までとは・・・


 そういえば、TOP写真の沢尻エリカもかつての発言・態度で大炎上し、しばらく画面から消えていたのも事実だ。
 最近いろんなところで見かけるが、今はスッキリとしているように見え、個人的には好感度は上がったかなと。自己責任とはいえ、きっと大変だったんだろうなあと。

 ところが、一番言葉を選ばなければいけないはずの政治家は炎上どころか、スルーされてしまうようだ。まずは左写真のこちら。
 先日の国会の某首相の答弁だが・・・「戦闘行為ではなかった。しかし武器を使って殺傷、あるいは物を破壊する行為はあった」という。

 なんともわかりにくい言葉だが、ツイートされている「万引き行為ではなかった。しかし複数の賞品をカバンに隠し、会計を済ませないまま店外に持ち出す行為はあった」と言われれば、この発言のおかしさがおわかりいただけるかと。
 すごいのは、この発言をどのマスコミもスルーしていることだ。


 どう考えたって「戦闘行為」ではないと言っているから戦闘行為ではないのだ・・・ぐらいにしか聞こえない。一応このセリフの前に戦闘行為の定義の説明はあったのだが・・・
 と思ったら、この前の参院選で資質や事前の学習に? が付きまくっていた今井某だが、ツイッターで公職選挙法違反をしていたらしい。

 そのことをリツイートされた返事が話題になっている。「以後気をつけます!!教えていただいてありがとうございます」って・・・(激怒)
 現職の国会議員が違反行為をしておいて、知らなかったこともビックリものだが、指摘されたことに対し、「以後気をつけます」って・・・おいっ、これはシャレじゃすまんぞ。

 報道の自由度がどんどん下がり、世界の70番以下になっているのに、そのことに国民も鈍感になっていて、あげくはこの発言がスルーされる。
 また過去の失言も消えてしまう・・・やっぱり政治家っていい商売だなあ。あっ、もとい、自民党の政治家っていい商売だなあ

 あっ、興奮して結論がおかしくなったぞ。いよいよ炎上かも(爆)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 還暦のクラウン、58歳のスバル | トップ | 花月の燕三条系ラーメン旬香 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。