アモーレ・カンターレ・マンジャーレ

自称イタリア人のオヤジが、好きなサッカーやらグルメやら、何でも不定期に気まぐれに書き綴るサイトです。

テスラ モデルXに遭遇

2016-09-15 07:00:14 | 車ネタ
9月13日のことである。小生、抜け道から大通りに出るところの信号で停車した。すると前に停まっていた車が、見覚えのないものと気付いた。


 とにかくデカい・・・やや丸みを帯びたスタイルだが、塊感があり、大きさを強く感じた。どこのメーカーだ? とマークを見たが、よくわからない。
 名前を読んで気が付いた。テスラだ!! って、こんなモデルあったんだ・・・と。その車は大通りを右折したのだが、大柄なクーペっぽいSUVのボディとともに、ドアノブの特徴的な形が目に留まった


 その日は、何も感じないまま9月14日の朝、こちらの記事を見て驚いた。この車、9月12日に初披露された、SUVのモデルXだったのだ。
 当然、まだ市販されておらず、今注文すると、納車が来年の1月下旬~2月上旬になるということで、今街で見るはずはない・・・

 ということは、披露されたデモカーだった可能性もありそうだ。で、気になったドアノブだが、後部座席のドアがファルコンウイングドアなのだという
 写真の通り、鳥が翼を広げるように開くため、三列目シートへの乗り降りやチャイルドシートの乗り降りも容易という。


 ふれこみによれば、「ミニバンのスライドドアよりも狭い空間で開け閉めでき、車体から30cmのスペースがあれば十分」とのことだが・・・それはどうかしらん・・・
 テスラというと電気自動車であるが、フル充電時の最長航続距離は542kmで、0-100km/hの加速タイムはなんと3.1秒。最高速度は250km/hだという。

 まさにSUVとして十分ということだが、そのサイズは・・・と思い、ホームページを見たところ、こちらの通りだ
 全長5037mm、全幅2070mmというサイズはまさにアメリカンサイズ。2mを超える全幅は、日本はもちろんヨーロッパでも厳しそうだ。

 以前から書いている通り、小生の趣味にSUVはないので、食指は動かないし、このサイズだと、コインパークなどでも制約を受けるかも知れない。
 どう考えても小回りも利かないだろう。って、そんなことを気にするような人は、この車を検討しないだろうって。

 気になる価格は895万円からという・・・やはり、小生これならEクラスにするなあ・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グラン・パ 中野サンモール... | トップ | 森美穂はゴルフ界の正統派ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。