アモーレ・カンターレ・マンジャーレ

自称イタリア人のオヤジが、好きなサッカーやらグルメやら、何でも不定期に気まぐれに書き綴るサイトです。

「こぼれ話」イスラエル女性、致命傷負わず

2006-08-17 08:05:22 | つれづれ
本当に人生、何が幸いするかわからないものである。ネットのニュースで、ある幸運な女性の話が出ていたので紹介しよう。

 この幸運な女性、イスラエル北部のナシリヤで、レバノンのイスラム教シーア派武装組織ヒズボラによるロケット弾攻撃を受けたものの、豊胸のために胸に埋め込んだシリコンのおかげで致命傷を受けず、命拾いしたというのだ
 へえー、これはまた・・・なんとも・・・しかし、命をわけた胸ってか(汗)

 女性を診察した医師によると、女性は爆発物の破片で胸を負傷したが、2年前の豊胸手術でシリコンを埋め込んでいたため、深く突き刺さらずに済んだという。
 しかし、これを放送で語ったというのだから・・・おーい、彼女、豊胸手術したのがバレちゃったぞ〜(笑)

 医師は「非常にまれなケース。女性はシリコンのおかげで、大きなけがを負わなかった」と語ったというが、今回のけがで、シリコンは除去しなければならなくなったとか(爆)
 いやいや、今回を教訓に、もっと大きくして安全を確保しようとするのかも・・・「あれっ、君ケガから退院したら胸が大きくなったんでは?」とか言われたりして(苦笑)

 しかし、イスラエルの女性兵士って・・・(汗)。うん、そういえば、先日中野の某所でイスラエルの軍服の古着を売っていたが、スカート丈がまちまちだった。
 エルメスにプレゼントしようとしたら、あまりに超ミニだったので、断念した。どうも、自分で短くしたらしい。つまり、イスラエル兵は個性で勝負しているということらしい。

 きっと、この彼女の場合、豊胸で売り出していたのかも・・・小生、胸の大きさにはまったくこだわりがないのでわからないが、切実なテーマなんでしょうなあ。
 一方で宇宙旅行のときには、このシリコンて、逆に爆発する危険があるそうだから、よしあしかもしれない

 まあ、彼女にとっては水着からはみ出さんばかりの胸が役に立ったということで、これがほんとの「こぼれ話」ってか(苦笑)
 ちなみに、写真は内容とは関係ないので念のため(苦笑)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラテンな田舎 | トップ | ちょっと出かけてまいります »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
バストアップ! バストアップ! (バストアップ! バストアップ!)
バストアップ!成功体験談!
よく効くバストアップサプリ (よく効くバストアップサプリに関する情報)
最近、豊胸手術のおかけで、ロケット弾から身を守った女性の話がありましたが、
美容整形した人も (二十歳過ぎても胸を大きくする方法)
周りでは美容整形した人も増えていて、やはり胸のことは気にな