アモーレ・カンターレ・マンジャーレ

自称イタリア人のオヤジが、好きなサッカーやらグルメやら、何でも不定期に気まぐれに書き綴るサイトです。

頭来たっ! こんな秘湯の宿があるなんて

2016-11-12 11:30:16 | つれづれ
このブログの読者の皆さんにはおなじみの通り、小生「日本秘湯を守る会」のファンであり、スタンプを集めながら秘湯巡りを楽しんでいる。

 多くの宿は家族的だし、小規模なところが多いため、基本的に対応は丁寧で、温かみのあるところがほとんどだ。
 例外的に、予約が取れない上に、あまりに対応が悪くて嫌になったところもあるが、一か所だけだった。

 本日、めでたく二か所目ができた。宿の名前はさすがに秘したい。伊豆に近い、南関東のとある秘湯の会の宿とだけお伝えしたい。が・・・黙っていたくない。
 ある日の夜、まだこの時間なら大丈夫かな・・・という時間帯に予約の電話を掛けた。が・・・二度ほど掛けたが誰も出ず。

 まあ、夜の食事の片づけとかで多忙なのかと、翌日お昼に電話したところ、ぶっきらぼうな感じの女性が出た。
 「予約の相談をしたいんですが」「あぁ、今担当者がいないのでわかりません、15時頃連絡してください」と。

 そして15時半に連絡したところ、ふたたびその女性が出て、「今日はまだ来ていない」とのこと。しかたなく、16時半に連絡したら・・・
 「今日はまだ来ていない。遅いようなので、これから忙しくなるので明日、9時くらいに連絡してくれ」とのこと。お宿にとって9時頃って忙しいはずなので、本当にそれでいいのかお聞きしたが、大丈夫だからと。

 翌日、9:05に電話したが出ず、9:30と10:05に掛けるが出ない・・・そして10:35に掛けたところ、またまたくだんの女性が出て、「昨日から何度か電話してくれてるひとですよね、担当者がさっき出てしまったので、対応できない」と。
 さすがに、激怒し「もう絶対行かないから」と切電した。

 担当者がいなくても、いったん要望を聞いておいて、折り返しとかもありだと思うのだが、とにかく取り付くしまもなく、改めて電話しろという態度
 さらには、いかにスタッフが少なくとも、担当者以外は絶対受付しないというのってのも、なかなか納得しにくい

 小生が怒るのはおかしいのだろうか・・・でも、あまりに腹が立ち、同じ思いをしてほしくなくて、書き綴ってしまった。
 代わりにいつも出掛けるお宿に電話した。もちろん丁寧で、温かみのあるご対応ですんなり予約が取れた。普通のこととは思うが、やっぱりこれだよって・・・

 おそらく、この記事をお宿の人が見たら言い分もあるだろうし、その言い分についてはしっかりと受け付けたい。でも・・・きっと、見ないだろうなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日産ノートe-POWERの発想は面... | トップ | 大丸あすなろ荘の食事 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もしかしたら (とおりすがり)
2016-11-14 07:02:53
このお宿、神奈川県の秘湯の宿ですか。
コメントありがとうございます (桂)
2016-11-15 15:36:35
とおりすがり様
コメントありがとうございます。
が・・・さすがに、このご質問には回答を控えさせていただきます。

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。