アモーレ・カンターレ・マンジャーレ

自称イタリア人のオヤジが、好きなサッカーやらグルメやら、何でも不定期に気まぐれに書き綴るサイトです。

サルエルパンツ

2017-06-20 07:00:08 | つれづれ

夏場に涼しいスタイルをしたいというのは誰しも・・・だろうが、ショートパンツなどとともに、小生が愛用しているのがサルエルパンツだ。

 

 以前代々木公園に出ていたフリーマーケットで、ミャンマーかどこかのパンツを購入し、ヨガのときなど愛用している。

 こちらの写真のイメージが近いが、オレンジで裾がゴムになっている。とにかく普通のズボンと違い、空間があるせいか涼しい。

 

 イメージでいうと、ロングのフレアースカートの裾にゴムを入れた感じ。ユニセックスで着用できるし、たとえばTシャツと組み合わせて、そのままパジャマ代わりにして・・・とか旅行のときにバッグに入れておくと便利である。

 そんな中、先日のことだ。某所を歩いていたときに、店頭に海外直輸入のオリエンタルなパンツが売られているのを見かけた。

 

 おお、これは・・・ということで衝動買いしてしまった(苦笑)

 今回も裾がゴムで・・・と思ったら、トップ写真のように裾は広がっている。形としてはステテコに近いというべきか。

 

 左右で柄が違うのも面白くて、履きやすい。ということで、早速履いたところ、風が通って抜群に気持ちいい。

 このスタイルのいいところは、はだしでサンダルとかが似合うところだ。夏場に靴下を履き、靴を履くことがオヤジとしてはうっとうしいわけで・・・

 

 さらに、このスタイルの場合、保有していた裾ゴムスタイルと異なるメリットがあった。裾ゴムだと、生地がもたつき、自転車をこぐときは不利だった。

 それがこのスタイルの場合は、それほどもたつかず、動きやすいという・・・さらに裾をたくし上げることができるボタンも付いていて、より軽快なスタイルにもできる。

 

 むむ、これは夏場はサルエルパンツでキマリ・・・と言いたいところだが、これらのパンツの欠点として、洗濯すると色が落ちるというのがある

 元々もっていたオレンジのそれのおかげで、色の変わったシャツが何枚あることか・・・(苦笑)

 

 そこで、こうなりゃ追加で購入を検討しようということになり、アマゾンを覗いている小生だ。裾ゴムスタイルに、ステテコスタイルもあるが、気になったのが袴スタイル。

 ガウチョパンツみたいなもので、まさにユニセックスだ。どうせなら、明るい色を選びたいところだが・・・

 

 いずれにしても、今年の小生のブームはサルエルパンツということになりそうだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週休三日制の議論について | トップ | ジャガーXFスポーツブレーク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。