アモーレ・カンターレ・マンジャーレ

自称イタリア人のオヤジが、好きなサッカーやらグルメやら、何でも不定期に気まぐれに書き綴るサイトです。

三遊亭王楽独演会

2008-12-01 06:29:10 | 落語
先日の記事で、三遊亭王楽という二ツ目の噺家を紹介したが、本人のブログで、恵比寿ガーデンプレイスで独演会をやるという情報を見つけ、出かけてきた。


 なにしろ二ツ目とはいえ、イケメンで人気というし、先日のNHKの新人演芸大賞を受賞したばかりである。事前にチケットについて問い合わせたところ、すべて自由席という。
 ならばと時間に余裕をもっていったところ、受付では「当日券は完売です」と(汗)。えっ、さすがに人気なんだあ・・・と思ったが、夜の部の花禄の会と誤解されていた様子(苦笑)

 お目当ての王楽さんの会のチケットはスムーズに買えて、会場へ。ところが、これが残念なくらい空いている。うーん、やはりまだまだ落語って・・・
 なんて思いつつも、女性を中心に追っかけっぽいお客さんの姿もちらほら。さてさて、お待ちかねの開演だ。一席目はマクラをたっぷり振った後、「悋気の独楽」であった。


 先日テレビで見たときも感じたが、一人一人の演じ分けがしっかりしているが、決してクサくない。顔もだが、何しろ声がいいので、いい意味の華やかさもある
 定吉がとてもよかったし、失礼ながらいっ平のそれよりはるかに良かった。聴いているうちに、二ツ目時代の小朝を思い出してきた

 さて間にガッポリ建設のコントをはさみ、二席目は見台がついたので、何を演るのかと思っていたら、新作「涙をこらえてカラオケを」であった。
 おお、小朝がよくかけているネタだ。これは間違いなく、小朝に稽古をつけてもらったと感じられる仕上がりだった。~と思ったら、ご本人のブログで三枝直伝と判明。うーん、なおさらいいぞ。

 とはいえ、肝心の歌の選曲など、しっかりオリジナルなところも見えたし、やはり声がいい上に、色気も出ていた。むむむ、これは期待を裏切らない出来だぞ。
 いいじゃないか王楽。これはもうしっかり追っかけるしかないだろう。うーん、嬉しいなあ、こういういい二ツ目を見つけ、将来大きな看板になっていくのを見るのって、ファンとしては最高の楽しみである。

 とはいえ、気になる点もあった。襟や帯を直すしぐさがいささか目に付いたし、悋気の独楽では、あれっ?と思う言い間違いもあった
 あと、会場が空いていたせいもあるかも知れないが、ときにちょっと力みが見えたが・・・これは聴き手の趣味の問題かも知れない。

 まあ、そうは言っても若い伸び盛りの噺家である。何より、華のある粋な芸風は、得がたいものだし、このまんま大きく伸ばしてほしいものだ。
 寄席で見られないのが残念だが、これからも応援したいものだ。王楽は初心者にもお勧めできるいい噺家である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝!中野友加里ファイナル進出 | トップ | 男性用の下着もここまできた? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。