オートバイで出かけたい

日帰りや泊まりツーリングでのこと。 酒、温泉、食事処のことも

護衛艦むらさめ 見学

2017年08月09日 | イベント

日の出埠頭に来た理由はこれ。 『清水みなと祭り』 に合わせて寄港している 護衛艦 が一般公開されています。



手前の行列は何なの分からなかったけど、その向こう側で簡単な手荷物チェックを受けてからタラップで甲板に上がります。






以前見学した しらね はその数年後に除籍となりましたが、この「むらさめ」はまだ当分現役だと思われます。 そんなこともあってか、「しらね」では甲板下のスペースや艦橋まで入れましたが、見学コースは前後の上甲板部だけでした。






それでも76㎜単装速射砲は砲塔の後ろのハッチが開放され、中が見られるようになっていました。 レーダーと連動した全自動なので人が入って操作するようなものではありません。


各部署には隊員の方が詰めていて、質問に答え説明をしてくれています。






艦橋と左舷魚雷発射管のあいだを通りヘリ格納庫へ。


話をしてないので正確には分かりませんが、潜水具を横に置きウエットスーツの上を脱いだ3人が、僕なんかの四、五まわりは太い腕や胸板、ボコボコになった腹筋を見せている肉体派コーナー なんかもありました。






SH-60K哨戒ヘリコプターは子供だけ後部に乗せてもらえるようです。 当然ですが遊覧ヘリと違いシートは機器類に囲まれています。

ここでは僕も隊員さんに話かけてみました。 オリーブドラブの作業つなぎの右腕と右胸に付けた2種の大きめなワッペンがかっこよかったので、こういったイベント用かと思い訊いたところ、普段からのものだということです。

それに関連して、そのデザイン化された図柄の意味や謂れなども丁寧に説明してもらえました。

左袖を見てもよく分からなかったので階級も訊いてみると、三佐ということで、ちょっと驚きです。 (艦長は二佐)







陸自の展示もあり、静岡ホビーショーでは見ることのない大型の装備も展開していました。







最後に、予定より遅れたおかげで ブルーインパルス の展示飛行まで甲板から見ることができました。 まさかこんな場所でブルーを見られるとは思ってもいなかったので感動です!

それが終わると護衛艦の見学もちょうど終了時刻となりました。







バスの待ち客が多かったので、帰りも遊覧気分で三保経由(400円)の水上バスで江尻埠頭に戻ることにしました。


今回は初物ずくしでもあったので、濃くて充実した気分でいっぱいです。

『静岡県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日の出埠頭へ | トップ | 4か月ぶりの泊まりツーリング »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (SK)
2017-08-10 18:25:52
たいへん興味深く拝見しました。護衛艦が来るとわかっていたら都合をつけていきたかったくらいです。焼津にも時々来るので(並ぶのは嫌いなのですが)、船内見学をさせてもらっています。
SKさんへ (ナガラミ)
2017-08-10 21:44:54
ボクも 『清水みなと祭り』 のHPをチェックしていたのに護衛艦が来るとは分かっていなくて、当日友人から誘いの連絡をもらって、こうして行くことができました(笑)

艦の大きさや装備などは単純に凄いなと思いますが、心に残るのはやっぱり人ですね。

次回はSKさんも是非に。 

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。