オートバイで出かけたい

日帰りや泊まりツーリングでのこと。 酒、温泉、食事処のことも

復活の泊まりツー、翌日は

2016年10月29日 | ツーリング



セルフの朝食は7時から。 あと取ってないカップのモズクがあり、玉子は半熟仕上げでした。

毎日5時半には起きるというM君、大浴場へ朝風呂入りに行ったらしいんだけど 「・・・お湯がぬ~るくてシャワーも熱くならなかった~」 なんて言ってます。 そりゃあそうだよ、張り紙に5時~11時って書いてあるのは午後のことだし、チェックインの時も説明されたと思うけど。 だいたい温泉でもないのに、そんなに入りたいかねぇw 


前の晩決めたとおり、8時にチェックアウトしました。








国道152から国道299に入り 麦草峠 に8時46分。 時期・時間がピークからずれているのか取り締まりが厳しくなったからなのか、平気で両側に路駐する車の列がなかったのでストレスなくここまで来れています。

さすがに標高2000m級の道ともなると1枚皮のグラブで手は冷え冷えですが、冬用ジャケットやオーバーパンツを着けていなくても震えるほどではありませんでした。








途中で県道に折れ、国道141に出たら南牧村で県道68に入ります。 このあたりはいつも国道141で野辺山~清里に向かうだけなので、自分には新鮮味のあるルートです。


写真を撮ったりしていると先行するPCXはすぐ見えなくなりますが、少し先の広くなったところで降りてとまっていました。



なにやら県道番号がいつの間にか変わっちゃてるとかなんとか言っています。 地図を持ってない自分には分からないですが、どうにも納得いかないようなM君でしたw






そのまま道なりに進んで川上村に入っています。






のどかで走りやすくいい道です。







昔の映画の絵に描いた背景みたいな瑞牆山(みずがきやま)が見えました。






10時25分、ついていくだけでどのあたりを走っているのか分からなかったけど、以前飛び込み参加させてもらった花見ツーでも寄った みずがき湖 で休憩というルートでした。





ここ、すごく雰囲気の良いところなんですよね。





企画展示もやっていました。









テレビが普及する以前のころの作品でしょうか。













このツーリング中いちばんの天気です!






お昼は ほうとうの店 にする予定でいたようでしたが、旧増穂町の やなぎ亭 ならM君も満足してくれるだろうとここを提案し案内しました。



ちょうど12時に到着したのですが・・・





なんと今年の2月に・・・・・。 大好きだったのに残念です。

(昔初めて行ったM君との北海道ツーリングでは、釧路の一大観光地である和商市場が町民体育大会で全ての店が休業、なんてこともありましたw)








目指してくればこれだもんなーw、とまた一つ思い出を作ってから近くの 道の駅 富士川 に寄りました。





みみほうとうセット 850円  去年来たときもこれにしましたが、やっぱりお得でいいですねー。

食事のあとM君は菓子みやげや野菜ものを物産コーナーでいくつも買っています。






ここからは燃料補給も休憩もなく興津の国1まで前後したまま走り、そのまま別れました。


久しぶりに連絡とったらリターンライダーとなっていて、日帰りツー・一泊ツーと一気に話が進みましたが、またどこかへ行けることもあるかのな。

15時18分、余裕の248㎞走行で自宅に着きました。

『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茅野の夜 | トップ | 8年ぶりのイベント »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ツーリング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。