オートバイで出かけたい

日帰りや泊まりツーリングでのこと。 酒、温泉、食事処のことも

まほらの湯   山梨県富士川町

2017年06月18日 | 温泉



書店に行ったときふと思い出し 温泉博士 という月刊誌を買いました。

温泉手形のページに掲載された入浴施設が期間(1ヶ月)内何か所でも1000円以下は無料で、1000円以上は差額分を払って利用できるというものです。





その温泉博士に載っていた まほらの湯 に、バイクの調子を確かめるのも兼ねて行ってみました。



お湯は少しすべすべ感のある透明な褐色で、志太・榛原・島田地区の温泉にはないタイプです。

いくつかの内湯と露天風呂やサウナ(入っていません)などがある中で、38℃台後半の『源泉微温泉』の湯船が一番気に入りました。

もう少し熱めな露天では、少し入ったあと陽に焼けたところを避けられる陰になった石の腰掛に座ってのんびりしていました。






自分のペースとしてはゆっくりめに時間をかけて出て、それから楽しみな食事です。




受け渡しや下げ、水などはセルフになっています。


 日替り定食 500円


ソースカツ丼 はカツもご飯も食べ応えがあり、小鉢や味噌汁も付いたリーズナブルなサービスメニューですね。

甘すぎたり濃すぎたりすることのないソースがまた好みにぴったりでした。





厨房近くのテーブル席で食べましたが、大広間に持っていってもいいし、もちろん休憩も自由にできます。





自動販売機コーナーのビールなども良心的な設定です。





大広間のガラス窓の外は、庭とその向こうに川の土手が見えます。






ロビーにはマンガ本などもありました。






温泉は設備も雰囲気もすごく良かったし、久しぶりにまともに乗ったバイクも元気に走ってくれました。

『山梨県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 修理あがって引取りに | トップ | 2017 夏の南信日帰りツーリング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

温泉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。