医療裁判傍聴記

傍聴した観想など

ストーカー検察事務官に罰金刑…具体内容は公表せず  神戸地検

2016-10-14 21:28:05 | 法曹界
 神戸地検は12日、同地検の男性検察事務官がストーカー規制法違反の罪で神戸簡裁から罰金20万円の略式命令を受け、既に納付したと明らかにした。事務官は停職1カ月の懲戒処分となり、退職した。

 地検は「事件の特定につながる可能性があることは公表を差し控える。被害女性の意向を踏まえた」とし、事件の内容や、略式起訴の日付などを明らかにしていない。事件は兵庫県警が今年、書類送検し、神戸区検が略式起訴した。

 地検の永幡無二雄次席検事は「極めて遺憾。綱紀の厳正な保持を徹底するよう努める」とコメントした。

2016.10.12 12:19更新 産経WEST
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ミスコン団体所属の慶大生、... | トップ | 預かり金返さず業務停止、佐... »

あわせて読む