医療裁判傍聴記

傍聴した観想など

【慶応大集団乱暴疑惑】 大学側が学生4人を無期停学処分 「気品損ねる行為」

2016-11-05 22:51:52 | 慶応大学
 神奈川県葉山町の合宿施設で、慶応大学の10代女性が同大広告学研究会(広研)に所属する男子学生数人から乱暴を受けたとされる問題で、関わったとされる4人の男子学生に対し、同大が無期停学などの処分を出していたことが4日、分かった。処分は3日付。

 問題をめぐっては、未成年者に飲酒を強要していたなどとして、同大が10月4日に広研に解散命令を出しているが、学生個人への処分は初めて。

 同大広報室によると、処分を受けたのは▽商学部2年の学生▽理工学部1年の学生2人▽環境情報学部2年の学生-の4人。商学部と理工学部の学生は無期停学、環境情報学部の学生は譴責(けんせき)とした。

 無期停学の処分理由は9月2日、葉山町の広研が借用していた合宿所で、未成年飲酒やサークルでの性行為、その行為の撮影など「気品を損ねる行為をした」などとしている。今後「学生の本分に著しく反する事実」が確認された場合、処分の変更もあり得るという。環境情報学部の学生の処分理由については、広研の責任ある立場にも関わらず、監督責任を怠ったなどとしている。

 関係者によると、現場には6人の学生がいたというが、同大は「処分について、詳しい内容は答えられない」と話している。

2016.11.5 08:30更新 産経ニュース
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「娘の2年間むちゃくちゃに... | トップ | 殺人未遂 慶応大生を逮捕 ... »

慶応大学」カテゴリの最新記事