刮目天(かつもくてん)のブログだ!

反日ニュースと古代史の謎を中心に日記を書きます。
目覚めよ日本人!!

何で大麻がアカンのか?

2016-11-02 21:21:53 | 憲法改正

【西田昌司】大麻が麻薬になった経緯とは?[桜H28/11/2]

ebiさん、いつもいい情報を有難うございます。
実は以前に読んだねずさんの「大麻と国益」と言う記事を思い出しました。

途中省略

大麻は、大麻取締法によって規制されています。
麻薬は、麻薬及び向精神薬取締法(麻薬取締法)、覚せい剤は覚せい剤取締法で、それぞれ規制されています。
大麻の取締と、麻薬や覚せい剤は、取締る法律がそれぞれ異なります。

では、大麻取締法がいつできたかというと、昭和23(1948)年です。
GHQの指導により、うまれています。

そして不思議なことに、麻薬取締法や、覚せい剤取締法は、第一条でそれぞれの法律の目的が明示されているのに、大麻取締法には、その目的の明示がありません。

たとえば、麻薬取締法の第一条は、
(目的)
第一条  この法律は、麻薬及び向精神薬の輸入、輸出、製造、製剤、譲渡し等について必要な取締りを行うとともに、麻薬中毒者について必要な医療を行う等の措置を講ずること等により、麻薬及び向精神薬の濫用による保健衛生上の危害を防止し、もつて公共の福祉の増進を図ることを目的とする。

となっています。
また、覚せい剤取締法は、
第一条(この法律の目的)
この法律は、覚せい剤の濫用による保健衛生上の危害を防止するため、覚せい剤及び覚せい剤原料の輸入、輸出、所持、製造、譲渡、譲受及び使用に関して必要な取締を行うことを目的とする。
となっています。

これに対し、大麻取締法は、
第一条  この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

という記述です。
普通、取締のための法律には、必ず第一条で「目的」が明示されるのですが、なぜか大麻取締法には、それがありません。

そもそも「大麻」とはいったい何でしょうか。


中略

要するに、「大麻」と「麻(アサ)」は、同じものです。

そもそも麻は、中央アジア原産の一年生の草で、アジアでは、ごく一般的な野草です。

自然に麻が生い茂った場所は、古来、麻草(浅草)、麻布、多麻川(多摩川)など、麻の文字が、いまでは異なった漢字を充てている場所も多いけれど、日本中の地名にみることができます。
それだけ一般的だった麻が、いまでは「大麻取締法」で規制されています。

冒頭にも書きましたが、この法律は、終戦直後の昭和23(1948)年、GHQの指示で、突然降って湧いたように定められました。

しかも法の第二条、第三条では、大麻は研究目的で都道府県知事の免許を受けた者でなければ、一切の栽培も所持も、譲渡もできない、研究目的以外には、一切、使用してはならない、とまで定められています。

実は、日本人にとって、きわめて身近な存在だった麻が取締の対象となった背景には、米国の石油資本の影響があります。

荒れ地でもすくすく育ち、収穫高も多く、繊維製品や紙製品としてきわめて需要の多い麻の栽培や収穫を規制すれば、石油から作られる化学繊維が爆発的に普及する。
そうすれば石油資本は、巨万の富を築きあげることができる。

そのために、麻=大麻=麻薬というイメージを作り上げ、麻を「麻薬(=源字は、魔薬)」として取り締まりの対象にまでして、規制してしまった、というわけです。

つまり、私達現代日本人が、有害、犯罪物と信じて疑わない「大麻」は、実は有害でもなんでもなくて、むしろたいへんに身近だったものであり、それを石油資本がGHQを通じて、いわば強引に「魔薬」としてまった、それにより農業における麻栽培や、麻を使った繊維産業、紙産業、麻を利用した麻文化などが、戦後、まるごと淘汰されてしまったのです。


てな感じで、西田先生のおっしゃる通り、日本人は定められたものには従順に従うと言う特性がありますが、何故そうなっているのかまで考えない欠点があると言うことも事実でしょう。

何も法律違反の行為を弁護するのではなく、何故そういう法律や憲法が出来ているかを考え、合理的なものにするように見直す時期に来ているのだと思いますね。

何故日本には既に日本人が作った立派な帝国憲法があるのに変えられねばならなかったのか?ですが、答えは単純!強い日本国民が白人に歯向かえないようにするためだと言うことは何度も述べてますね!

そうであるのに、そういうことは全く無視して考えないようにするために、前回のブログの様な洗脳が国家単位で大成功だったわけですから(≧◇≦)

でも、日本を取り巻く情勢を分析して、真面目に考えるとGHQに押し付けられた占領憲法のままでは日本はもう存続できないことが明確になっていますよ。

これについては長くなりそうなので次回にしますね(^◇^)




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなたの洗脳度チェック^^; | トップ | 背筋も凍る日本の国防(≧◇≦) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL