刮目天(かつもくてん)のブログだ!

反日ニュースと古代史の謎を中心に日記を書きます
目覚めよ日本人!

日本国憲法の廃止だけが日本を救う!

2017-05-05 18:24:07 | 憲法改正
【上島嘉郎】憲法論議の前提
2017年05月05日14:04 ebiさん@my日本
★★From 上島嘉郎@ジャーナリスト(『正論』元編集長)★★
——————————————————
日本国憲法が施行70周年を迎えました。安倍晋三首相は憲法改正に強い意欲を示し、改憲派が同日東京都内で開いた集会にビデオメッセージを寄せて、憲法9条に自衛隊の存在を明記した条文を追加した憲法改正を行い、東京五輪が開かれる2020年を「新しい憲法が施行される年にしたい」と明言しました。

ところで、共同通信社がこの3~4月に18歳以上の男女3千人を対象に実施した憲法に関する世論調査結果があります。それによると、日本が戦後、海外で武力行使しなかった理由は、戦争放棄や戦力の不保持を定めた「憲法9条があったからだ」とする回答が75%、9条の存在とは「関係ない」は23%でした。9条改正に関しては必要が49%、必要ないが47%で拮抗していますが、安倍首相のもとでの改憲には51%が反対で、賛成は45%でした。
(*注 無回答を省略しているため合計は100%にならない)

9条改正の必要性をめぐって賛否が二分する一方で、戦後の日本が海外で武力行使をしなかった理由が「9条があったから」と答える人が75%もいるとは……かつて司馬遼太郎がこう語っていたのを思い出します。
曰く「日本人というのは不思議な人種やなあ。多くの連中にとってある種の観念の方が目の前の現実よりも現実的なんやから」と。

北朝鮮による日本人拉致被害、竹島や尖閣諸島の領有権問題、直近の北朝鮮情勢の緊迫化等々、一体日本人はわが国を取り巻く「現実」をどこまで認識しているのか。今そこに危機があっても、憲法9条がある限り、現実に迫ってくることはないと思っているのか。

「平和」とはある国家なり社会の現実に在る姿で、ただ心に念じればたちどころに現出するというものではない。現実的な手立ての積み重ねが必要です。この当然の話が「憲法9条信仰」の前では容易に退けられ、自由な現実的議論さえも危険視され封じられてしまう。

筆者はここで「自由な現実的議論」のため、先の世論調査にあった「日本が戦後、海外で武力行使しなかった理由」という設問に関して以下の事実を指摘しておきます。

マッカーサーは、憲法9条の不戦条項、戦力不保持条項、交戦権不行使条項を「あらゆる条項のなかで最も重要な条項」と評価し、昭和21年(1946年)3月6日にこう語りました。
「この保障と制約によって、日本は、本来その主権に固有の諸権利を放棄し、その将来における安全と存続自体を、世界の平和愛好諸国民の誠意と公正にゆだねたのである」

ところが、昭和25年(1950年)に朝鮮戦争が勃発するとこう変わるのです。
「日本の憲法は、国政の手段としての戦争を放棄している。この概念は、近代の世界が知るにいたった最高の理想ではないにしても、最高の理想のひとつを代表している。(中略)
諸君がみずからに課したこの制約は、迫りきたる数々の嵐の脅威にもかかわらず、国家安全保障の問題に関して、諸君の思考と行動を厳密に律してきた。しかしながら、かりに国際社会の無法状態が、平和を脅かし人々の生命に支配を及ぼそうとし続けるならば、この理想があまりにも当然な自己保存の法則に道を譲らなければならぬことはいうまでもない。そして国際連合の原則の枠内で他の自由愛好諸国と協力しつつ、力を撃退するために力を結集することこそが、諸君の責務となるのである(後略)」(昭和26年〔1951年〕元日のメッセージ)

朝鮮戦争の勃発を受け、占領軍として日本にいた米軍は即時朝鮮半島に派遣されました。これによって日本国内に軍事的な真空が生じ、これを埋めるため米国は、日本を再び米国の「脅威」たらしめないという戦後の基本政策と、それを反映させた憲法9条に直接抵触せざるを得ない選択を決断します。

マッカーサーは、7万5千人の警察予備隊の創設、8千人の海上保安庁要員の増員を日本政府に命じました。自ら「戦力不保持条項」を破ったわけです。このとき海上保安庁は機雷の掃海任務に就くことを求められ「特別掃海隊」を編制、日章旗ではなく無標識の掃海艇で出動(朝鮮海域にあるときは国際信号旗のE旗だけを掲揚)するという超法規的なことをやらされました。事実上日本の海上部隊は朝鮮戦争に参加したのです。そしてその任務において多数の”戦死傷者”を出しました。

「憲法9条によって守られている」――こんな観念はとっくの昔に破綻しているのです。

日本を再び米国の「脅威」たらしめないためには、日本をいつまでも非武装状態にし、不戦の誓いを守らせ、交戦権を放棄させたままにしておくのが望ましい。しかし現実問題として冷戦下の北東アジア情勢は緊迫化し、米国の世界戦略上も日本にある程度の軍事力を持たせる必要が生じた。マッカーサー発言の変化は、日本国憲法が本質において米国の都合による欺瞞の産物であったことを示すものです。

その後も現実には軍事力を一定程度保持することを認めつつも、日本人の精神には憲法9条という枷(かせ)をはめておく。この枷は「先の大戦を反省した日本人が平和を希求するため自ら求めたものだ」という虚構の建前に立っていて、日本を再び「脅威」たらしめないという米国の基本政策の反映だとは見えないようになっている。

米国の脅威とならないということが、戦後の日本の言語空間では、「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」という理想主義的な言辞に置き換わって、人類の普遍的な価値観を先導するかのごとく、ある種の酔いの心地よさに日本人を耽溺させるようになっています。酔っているから、憲法9条と日米安保条約がコインの裏表のような関係になっていることが見えません。

入江隆則氏は『敗者の戦後』でこう述べました。
真に脅威を取り除くには敗戦国民の精神に自分たちの過去への嫌悪の念を植えつけると同時に戦うこと一般への忌避の気持を育て、しかもそれが勝者の戦後処理の政策として押しつけられたのではなくて敗者の自発的選択として為されたようにする。
勝者への復讐心を取り除くためには、勝者は敗者に対して寛大だという印象を与え、思想改造を強制する場合も、それが勝者による強制だという印象を薄めて敗戦国民の自発的な自己批判の形をとらせるのがよい。 戦勝国から強制されたとなれば、占領の終結と同時に元に戻ってしまうが、自発的変身だと信じ込ませておけば、より長期的な効果が期待できるからである。この精神的武装解除がかつてなかったほど巧妙に実施された典型的な例が日本の戦後であると思う
」 

――護憲であれ、改憲であれ、議論の前提はここにあります。


ebiさん、いつも有難うございます(^^)/
さすが、正論の上島さん!非常にためになる記事です( ^)o(^ )

でも、護憲か改憲かの二者択一なのか?

入江氏の言葉「戦勝国から強制されたとなれば、占領の終結と同時に元に戻ってしまう」をそのまま理解すれば、正しい第三の選択枝が見えてくる!

そう、日本国憲法というGHQの占領政策基本法を改正するのではなく廃止すれば元に戻る。

これは憲法が米国人の書いたものから日本人の書いたものに単に戻ると言うことでなく、もっと深いものがあることに、みんなが気づいて欲しい(^_-)-☆

それは、まず戦後70年近くマスメディアや学校教育で語られていた戦前が事実ではないデタラメだということだ。

戦前は思想・信教の自由が無く、軍部が勝手に暴走して国民を戦争に駆り立てた暗黒時代だったというデタラメの洗脳から真っ先に解き放たれねばならない。

さらに、占領基本法を廃止しても戦前と同様に、国際法を遵守し、人道を尊重し、本当の平和主義の強い国家に日本国民の意思で戻ればいいだけだ。

占領憲法を廃止したら、自衛隊を大日本帝国陸・海・空軍として名称を変え、軍法を整備し、シビリアン・コントロールの下で作戦行動する国際標準の軍隊になる。

トランプ保安官の下でアジアの副保安官として、無法者国家に国際法を守らせ、アジア諸国の平和と安定に貢献すればいい。

靴底を舐める平和は奴隷の平和だ!

いつ日本が消されても文句も言えない(´・ω・`)

最後に、占領憲法を廃止して帝国憲法に戻っても日本国民の生活に大きな変化を与えないようにすればいいだけだ。

時間をかけてしっかり検討し、良いものは残し、悪いものは改める法律を作ってソフトランディングすればいい。今保守の中で盛んに言われる自主憲法の内容を国民と共に議論して、時代に合ったものに帝国憲法を改正すればいい。国民投票は不要だから、総選挙でこれを争点に各党が改正案を出して国民に信を問えばいい。

戦前も戦後も同じ民主主義だぞ。

でも世界一古い縄文文明を基盤に持ち、少なく見積もっても2千年の歴史のある日本が日本であるためには天皇陛下のご存在なくして考えられない(刮目天の「古代史」参照)。

日本を拓いた皇祖神の子孫である天皇陛下と八百万の神々の子孫である臣民とが共に日本国を統治することだ。

国民は正当に選挙して選んだ国会議員を通じて国民の意思を示し、国会議員の中から選ばれた総理大臣以下の大臣が天皇陛下の統治を輔弼する君民共治の国体になるようにしなければならないと思う。

今の国民主権は国民が皇位継承に口をはさみ、天皇陛下さえ勝手に退位させ、日本をシナと同じ易姓革命の国にする可能性がある!これだけは許し難い!

また基本的人権は帝国憲法でも尊重されていたが、占領憲法下では国民が自由に人権を叫べば他の不利益になり、国民を分断する争いになる。

自由・平等・人権という西洋の価値観は日本には合わない。

日本は争いは好まない和の国だ!

だから本来日本国民には伝統的な価値観に基づく道理がある。

日本を弱体化させ属国化のために押し付けられた占領憲法を今すぐに廃止して、

真の平和と繁栄を願う強い国民国家に戻らないと

敗戦国のまま世界の歴史から消される運命だ(;一_一)

日本国憲法の廃止という選択肢しかないことに気づかない日本国民はまだWGIPの洗脳から十分に脱け切れていないから、洗脳度チェックでもして早く目覚めて下さい(^_-)-☆

【参考】大日本帝国憲法(現代訳)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 靴の裏舐めつづけると病気で... | トップ | 属国から脱け出す絶好のチャ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

憲法改正」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL