刮目天(かつもくてん)のブログだ!

反日ニュースと古代史の謎を中心に日記を書きます
目覚めよ日本人!

戦後政治の総決算だ(^_-)-☆

2016-12-07 18:17:11 | 日本再生
【首相、真珠湾慰霊へ】首相は「戦後政治の総決算」を模索し続けた>…そこに横やりを入れたのはオバマ側近のあの女だった
2016.12.7 05:00 産経ニュース

 オバマ氏が広島の平和記念公園を訪れたのは5月下旬の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)直後。この際にも首相の真珠湾訪問が取り沙汰されたが、首相はきっぱりと否定した。「バーターした」と思われたくなかったからだった。

 だが、首相は、真珠湾訪問の道を模索し続けた。8月には昭恵夫人が真珠湾を訪ね、現地の反応を探った。その一方で、来年1月に退任するオバマ氏との会談について「最後にふさわしい会談をしたい」と米側に打診した。

 そこで浮上したのが、オバマ氏の故郷であるハワイ・オアフ島での会談だった。日米両国が8日(現地時間)に真珠湾で初の合同追悼式典を開く運びになったこともあり、これに合わせて会談を行う方向で調整が続いた。

 ところが、横やりが入った。ライス大統領補佐官(国家安全保障担当)が、11月に安倍首相とトランプ次期米大統領が会談したことを理由に猛反対した。

 トランプ氏との会談前に、日本側に「現職大統領への配慮を求める」と注文をつけたのもライス氏だ。11月中旬のペルー・リマで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際の首脳会談を短時間の「立ち話」に変更させたのもライス氏だとされる。

 だが、オバマ氏は友好的だった。首相が真珠湾訪問の意向を告げると「私が強いることになってはならない」と笑顔で応じ、その場で12月26、27日の訪問が決まった。


やっぱりそうだったか!
大物キッシンジャーを北京に飛ばしたのは白い肌のシナ人じゃなかったんだ!
多分、日本封じ込めのためにシナに歴史戦争をするように示唆したのもこの悪魔の手下の師弟コンピだろうな!

しかし彼らの日本封じ込めの目的が本当に米国の国益になっていたのだろうか?

ハイハイ、答えは簡単!

米国の国益とは180度違ったものだと言うことがトランプ氏当選で証明された訳だね(^_-)-☆

米国民の怒りはほとんどインチキ国務省に対するものだ!

米国は二位じゃまずいんですか?って云う政治家があの師弟コンビに象徴されるグローバリストたちだった(-_-メ)

さすがにアメリカ死ね!という米国の政治家は居ないと思うが!

日本には居るんだ(≧◇≦)


「戦後政治の総決算に挑むつもりだ」と云う安倍さんは、やはり時代が求めた政治家だった!

正論言うのなら誰だってできる!私にもできます(●^o^●)どこかの昔のCM?

悪魔の手先の師弟コンビを抑えて理想主義者のオバマを説得しなければならない!

こんなことできる政治家はいまだかつて2500年の永い日本の歴史の中に居ただろうか?!

日本の戦後はもうじき終わる? 

ここまでシナリオを読めた訳ないが、戦後体制の根幹=日本国憲法が音を立てて崩れていくのが見える!

この戦後体制をどのように打破するかはタイミングが必要だ!

まさにそれは今だ!

しかし、日本を安全で繁栄する国にするかは相当大きな知恵と度胸が必要だ!

最終的には、日本国民が自虐史観を払しょくし、自分自身や家族や仲間を護れる合理的な手段を手に入れるしかない。

そのための大きなステップは、占領憲法の改正ではなく、9条改正でもなく、占領憲法破棄しかない( ̄д ̄)

日本は今それに向けて走り始めていると思う( ^)o(^ )
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白い肌のシナ人達が発狂中(@... | トップ | 歴史戦争の勝利者は日本だ(^^)/ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本再生」カテゴリの最新記事